良い姿勢は意外と猫背!?胸を張るのが良い姿勢ではない理由

姿勢

柴です。

昨日の続きで、クリスマスイベントで、もう1つちょこちょこ合った声が、

〝何が良い姿勢なのかわからない〟

です。

「胸を張るのが良い姿勢なのでは?」
「みぞおち丸めると猫背じゃない?」

みたいな感じで、

世間一般に流れてる良い姿勢と、私が言ってる良い姿勢は真逆なようで、少し混乱するようです(^^;;

胸を張るのは「見た目が良い姿勢」

私が、昔専門学校でならった良い姿勢の定義は、「耳たぶ・肩峰・大転子が一直線になること」でした。

肩峰(けんぽう)とは肩の外にある骨の出っ張り。

大転子(だいてんし)とは腰骨の下にある骨の出っ張り。

まぁ見たとおり、良い姿勢ですよね。

多分世間一般に流れてる良い姿勢も、このような形なのではないでしょうか。

でもですね。この姿勢とるとよくわかるんですが、背中がめちゃくちゃ固まるんですよ!

そのため、ずっとこの姿勢でいると段々と肩や腰が張ってきて、酷い時は痛みが出るときがあります。

そんなこの姿勢を、、、

良い姿勢と呼べるでしょうか?

私にはそうは思えません。良い姿勢なのに、痛みが出るとかあり得ないからです。

なのでこの姿勢は、良い姿勢でも「見た目が良い姿勢」であって、身体にとっては決して良い姿勢ではないのです。

では、身体にとっての良い姿勢とはどのような姿勢なのか。
それは、少し猫背な姿勢です。

少し猫背なのが「身体にとって良い姿勢」

少し猫背と表現しましたが、実際はそうでもないんですよ。

画像だとこんな姿勢です。

人によっては少し猫背に見えるかもしれませんが、でもそんな丸まってるようにも見えないですよね?

この、なんとも言えない姿勢が「身体にとって良い姿勢」なんです。

もちろん、身体にとって良いという理由があります。

それは、この姿勢はインナーマッスルが優位に使えるということです。

まず、インナーマッスルの特徴をまとめると、

〈インナーマッスルの特徴〉

  • 身体の中にある筋肉
  • 関節を安定させる
  • 関節をスムーズに動かす
  • 素早い動きが可能
  • 持久力がある

とこんな感じで、

この特徴からもわかるように、立つ時も座る時も動く時も、全ての動作で、インナーマッスルがきちんと機能していると、安定してスムーズな動きができ、関節を痛める可能性も低くなるのです。

そして、先ほどの姿勢の重心落下線はこの青い線で、

具体的にいうと、

内くるぶしの真下

膝裏

肛門の指一本前

背骨の前

百会穴の指一本後ろ

が一直線に並ぶ位置になります。

そしてこの位置には、体幹の大腰筋や横隔膜、内転筋群や裏もものハムストリングスなどのインナーマッスル系の筋肉が存在しています。

そのため、この姿勢が普段の姿勢。つまり、自分が無意識でいるときの姿勢がこれになれば、
普段から無意識のうちにインナーマッスルが使えるようになるのです。

では、どうしたらこのような姿勢を作ることができるようになるのか?
以下のワークでご紹介していきます。

身体にとって良い姿勢を作る

機能させたいインナーマッスルはいくつかありますが、その中でも、姿勢づくりで最も影響の大きい体幹のインナーマッスルと、繋がりのある内転筋群やハムストリングスをメインに機能させていきます。

クロスポイント

クロスポイントとは、インナーマッスルの機能を高めるツボみたいなもの。

体幹にある、みぞおち/背中・股関節/お尻のクロスポイントを刺激して、大腰筋・横隔膜・内転筋群・ハムストリングスの機能を高めていきます↓

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細な刺激方法は【LINE@登録者限定動画】でご確認ください↓

【LINE@登録者限定動画】クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

会陰をみぞおちに向かって締める

会陰(えいん)とは、お尻の穴の指一本前にあるツボで、ここにも体幹のインナーマッスルである骨盤底筋群があります。

先ほどの重心落下線は、この会陰を通るので、会陰にある骨盤底筋群の機能を高めていきましょう。

  1. 床か、もしくは椅子に座る。
  2. お尻の穴の指1本分前の部分(会陰)をみぞおちの奥に向けて締める。場所がイマイチわからない場合は、直接触りながらおこなう。
  3. みぞおちの奥から会陰に向かって力を抜く。
  4. これを10回繰り返す。

割膝

内転筋群やハムストリングスに更に強い刺激を入れていきます。

  1. 足は前後に開き、骨盤は前を向け、後ろ足は伸ばす。
  2. 前足の膝を軽く曲げ、みぞおち(へそから指4本上)の力を抜き、丸めていく。
  3. その状態で内転筋群とハムストリングスを叩く。

こちらも、詳細なやり方は【LINE@登録者限定動画】でご確認ください。

【LINE@登録者限定動画】股関節と下肢の機能を高めるワーク

2018.05.19

良い姿勢を作る筋肉を、全て繋げるとこんな感じ

ちなみに、ご紹介したワークや、その他のインナーマッスルの機能を高めていって、それを繋いで使うワークがあります。

それは、身体にとって良い姿勢を取りながら縦揺れをする軸タンブリングというワークです。

先ほどの重心落下線である、青い線上を、上下に動く感じ。とでも表現しましょうか。

見た目的にはとても地味ですが、これをやる続けると、身体にとって良い姿勢を、身体に刷り込ませることができるのです。

私は、このワークを約4年間。ほぼ毎日やっています。

ちなみに、クリスマスイベントで、ある方からこんな動画を教えていただいたのですが、
2018年10月14日(日)に放送されたミライモンスターで、近藤魁成選手が同じようなワークをやっていました。

みてびっくりです。笑
6分35秒あたりですね。ご興味ある方は観てみてください。

まとめ

スポーツをする人もしない人も。
身体を痛めない、動ける身体を作りはとても重要です。

この姿勢は、そんな身体を作ることができる姿勢になるので、この記事を読んでるあなたにも、ご紹介したワークをぜひ実践してもらいたいです(^O^)

【本日の記事のまとめ】

  • 世間一般で言われている良い姿勢とは「見た目が良い姿勢」
  • 身体にとって良い姿勢は「少し猫背な姿勢」
  • 身体にとって良い姿勢をとると、インナーマッスル優位な身体になる

お知らせ

公式LINE@

4月から【質問箱 兼 個別連絡用】に移行します!詳細はこちらからご確認ください →https://selfcare-lab.com/e-mail-magazine2

公式メルマガ

4月からこちらから情報発信をしていきます。先行登録はこちらから。

解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス