自力で治そうとする人ほど、治る速度が早い

治療の考え方

過去に何人もの関節痛に悩む人達を診てきて、治りが早い人にはある共通点がある事に気がつきました。

それは、〝自ら治そうとしている〟ということです。

他人に治してもらうのか。自分で治そうとするのか。

もちろん痛む原因や度合いは人それぞれなので、治る速度に個人差があるのですが、
それでも他力で治そうとしてる人と、自力で治そうとしている人では治る速度は圧倒的に違います。

他力

まず他力の人は、とりあえず治療を受けるだけ。自分では特に何もせず、ただ治療を受ける。

ネットや本で、自分の痛みは何が原因なのか?どうやったら治るのか?治す方法は他にないのか?

など何も調べません。調べてもほんと軽く。調べ尽くすまではしません。

そして、生活習慣も変えません。

病院や治療院の先生に言われても、やりません。

そしてこれも、やっても軽く。やってる風って感じです。それで効果がすぐにでないと、即諦めます。

自力

自力の人は、病院や治療院の先生の言うことをきちんと聞きつつも、他にも色々調べて、情報を集めています。

そこで得た情報で、良さそうなものは試してみたり、違うなと思ったものはやめたり。
自分で判断がつかない時は、先生に聞いてみたり。など取捨選択をします。

そして、色々試してみると、上手くいくこともあれば、失敗することもあるのですが、失敗してもめげません。

トライ&エラーを繰り返し、良いものだけを残して、それをやり続けます。

これができるので、他力の人と比べると治る速度が全然違ってくるのです。

先生は治るための手助けをしてくれる人

痛みを治すには、病院や治療院の先生の腕にかかっています。
なので、私も日々勉強をしているのですが、でも患者さん自身が本気で治そうとしない限り、なかなか治らないのです。

もちろん中には難しい症状もあります。

治そうと思ってもなかなか上手くいかないことはあるのです。

そう簡単にいかない症状があるのです。

でも、その中でも治そうとする意思が強い人ほど、治りが良い。そして治りが早いです。

そういった方達を見ていると、私のような治療家や病院の先生のことを、「治るための手助けをしてくれる人」という風に見ているような感じがします。

多分これ間違いないです。

だって、自分も今のような知識がない時に、関節を痛めたり、ケガをした時、
今のような考え方で治療を進めていって、それなりに治りが早かった経験があるので。

セルフケアラボでは、自力で治すための方法をお伝えしている

なぜこのブログを開設したのか。

それは、自力で治すことをしないと治らないことを知っていたから。

これは関節痛改善以外に、運動のパフォーマンスアップも同じです。

自力で痛みを取る。自力で動きを変えてパフォーマンスあげる。

これをしない限り身体はなかなか変わりません。

でも自力で治すにも方法があるので、その方法を伝えたくてこのブログを立ち上げました。

記事はカテゴリー別に分けてますが数がだいぶ増えてきて、2018年11月22日の段階で、255記事になってるので、
自分に何が合うのか?などがわからないことがあると思います。

そんな時はお気軽にLINE@からご連絡くださいね!痛み解決の手助けになれればと思います。

年間1500セッション!東京立川で行ってる施術・運動指導

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

参加者が150名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

SNS、YouTube

フォローはお気軽に!

YouTube

Twitter

Instagram

Facebook

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas