個人でビジネスをやってる人ほどブログを書いた方が良いと思う理由

ブログ

今週からオトナサローネという40代女性向けた美容健康・ファッションのサイトで1で記事を書かせて頂くことになりました。

オトナサローネ
https://otonasalone.jp/105856/

このお話をいただけたのもTwitter経由で、その他にもいくつかの企業からお仕事の話をいただけてるので、Twitterの力をひしひしと感じているのですが、でも多分これはTwitterの力だけではないと思っているのです。

やっぱりブログがあったから。

だからこそこういったチャンスを掴む事ができたのかなーと思います。

SNSだけでは自分の事を伝えるのに限界がある

会社であれば、経理や営業など部署や役割が分かれてるため、自分がやらなくても他の人がやってくれたりする仕事が色々あります。

ですが個人でビジネスをしてる人は、何事も基本自分でやらなくてはなりません。

なので営業活動も自分でやらなければならないので、そのためにSNSを使ってる人はいると思いますが、SNSには限界があります。

まずトップ画面に自分の事をかけるスペースがかなり少ないです。

そしてどんなにタイムラインに自分のアピールポイントを書いても、時間と共にすぐに流れていってしまいます。

これじゃ対してアピールできない。

ですがブログであれば、いくらでも自分の事を書く事ができますし、それを残す事ができます。

ブログは営業マン

ブログの中でもかなり重要じゃないかなーと思ってるのが、ブログのテーマとプロフィール。

私の場合は名前が「セルフケアラボ」ですし、トップ画面の私の肩書きが「関節痛のセルフケア&スポーツマンの動きを変えるパーソナルトレーナー」なので、ブログには

  • セルフケアのこと
  • 関節痛のこと
  • スポーツのこと

これらが書いてあるのが想像できると思います。

そしてプロフィールにはブログの詳細な内容や、400字程度の経歴、そして生い立ちなどを全て合わせると5000文字以上書いてあります。
https://selfcare-lab.com/thought-profile

しかもそれを半永久的に残せる。

SNSでは絶対にできないことです。

今回記事を執筆させていただくことになったのも、その他の仕事の話をいただけたのも、これらがあったからこそなのです。

例えば打ち合わせの時に、

「ブログ毎日書いてますよね」
「専門的な知識をお持ちで、更にそれを文字に起こせるんですね」

と私のできる事をブログ経由で知ってもらう事ができました。

そして更には

「柴さんお子さんいらっしゃるんですねー!私にも子どもいるんですよー」
「大学の野球部でトレーナーされてたんですね。私学生時代野球やってまして」
「私も体細かったんですよー」

などなど私のプロフィールから共通の話題が出てきて盛り上がったり、そこから仕事の話をスムーズに進める事ができたのです。

このようにブログは、自分のかわりに自分の事をアピールしてくれる営業マンになってくれるので、個人でビジネスをしてる人には必要不可欠な要素になります。

まずは無料ブログから

私はワードプレスというお金を払って運営するブログ兼ホームページを使っていますが、はじめは無料からでも良いと思います。

アメブロ
アメーバオウンド
はてな
エキサイト
FC2
jimdo

などなど多くの無料ブログがあるので、まずはそれからブログを書くことに慣れて、そこからワードプレスのような有料のものに移行する。

もしくはワードプレスなどでホームページを作って、ブログは無料のものを使う。

そんなやり方でも良いのではないかなーと。まずは第一歩!スタートさせることからですね!

是非ブログやってみてください!

10/17発売!書籍第一弾「10秒ゆるみストレッチ」予約受付開始!

  • 立ち仕事で腰が痛かったり、足が疲れたり。
  • 座り仕事で肩がこったり、浮腫んだり。
  • 疲労で全身が怠かったり、頭痛がしたり。
などなどそんな身体の不調でお悩みの方にオススメの本です!

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7560円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数150名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4320円)

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス