LINE@・メールで質問するときの注意点とは?

SNS

現在、SNSのDMでのお身体に関するご質問は一切受け付けていないので、LINE@、もしくはメールからご連絡いただければと思うのですが、それにも注意点があります。

これを守っていただかないと返信しない。もしくはあまりにも酷い場合はブロックしますのでご注意ください。

LINE@やメールで質問するときの注意点

  1. 質問する前に、質問内容をネットやブログ内の検索機能で調べる
  2. 挨拶をする
  3. 敬語を使う
  4. 質問を具体的にする
  5. 動画や画像を送らない

この5点だけ守ってください。

質問する前に、質問内容をネットやブログ内の検索機能で調べる

質問する前に必ず一度自分で調べてください。

酷い質問の例としては、一度あったのが

お尻の筋肉の名前を教えてください。

これはね。グーグル先生に教えてもらうのが早いです。

そしてその他にも、気になることをブログの検索機能を使って一度調べてください。

例えば「腸脛靭帯炎」と調べれば、それに関係する記事が出てきます。

このように調べみて、それでもわからない場合はご連絡ください。

挨拶をする

挨拶はしてくださいね。たまにない方がいるので。

敬語を使う

ほとんどの方が敬語ですが、たまにタメ口で質問してくる人がいます。

年齢とか関係なく、敬語が常識だと思います。

質問を具体的にする

質問が具体的でないと答えづらいです。

例えば

腰が痛いです。どうしたら良いですか?

みたいな質問がありますが、これはなんと答えたらいいのかわかりません。

まず腰といっても範囲が広いです。右なのか左なのか。お尻あたりを腰ということもあれば、背中に近いところを腰と言ったりもします。

そして質問者さんが何をしていて、どうすると痛いのかもさっぱりわかりません。

なのでこの辺をより具体的にしていただけると答えることができます。

動画や画像を送らない

基本動画解析や画像診断はイベントの時以外はやってません。(対面やオンラインセッションを月1回以上やっていただけてる方はいつでも見ます)

なのでイベントの時に送ってきてください。

ちなみにこれは以前行った時の告知ページです。

LINE@登録者数1000人突破記念やります!

2019.02.25

質問例

こんな感じで質問していただけるととてもありがたいです。

こんにちは!◯◯と申します。

質問なんですが、私は現在趣味でランニングをやっているのですが、10キロ以上走ると右膝の内側が痛くなります。

普段はなんともないのですが、10キロ以上走ると必ず痛みが出るのです。これは一体何が原因なのでしょうか?

これはね。答えやすいです。

ご質問をされる際は以上のことに気をつけてご連絡ください。よろしくお願いします!

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10・11月に書籍を3冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch
  3. 書籍第三弾【10秒さすり】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

  • ブログの動画バージョン
  • ツイッター動画のまとめ
  • 最新の身体情報
を配信してます。 チャンネル登録よろしくです! →https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス