寝つきが悪い時に効果的なワーク

睡眠

おはようございます。柴です。

10/4の深夜0時15分。

千葉県東方沖で震度4の地震がありました。

私が住んでる横浜では、震度1くらいだったので、地震があったかどうかもよくわからないくらいだったのですが、

問題は緊急地震速報の音の方。

地震よりその音にびっくりして、飛び起きてしまい、そこから興奮して眠れなくなりました。

地震を知らせてくれる音なので、寝てる時にも気づくように、あの音なんだと思うんですが、

あの音、正直嫌ですよね。

なんかもう地震というより、緊急地震速報の音が怖いですもん。。。

ということで、そこからしばらく眠れなくなってしまったのですが、あまりにも眠れないので、寝つきを良くするワークを実践しました。

すると、やり終わってから数分で眠れて、気づいたら朝を迎えてました。

さすが!効果絶大。笑

ということで、本日は、寝つきを良くするワークとは何か?それをやると何故眠れるようになるのか?

についてお話したいと思います。

眠れなくなる原因

まずそもそも何故眠れなくなってしまうのか。

その理由は交感神経が優位になってしまうからです。

交感神経と、その反対に位置する副交感神経は、合わせて自律神経と呼ばれ、私達の意思とは無関係に「自律」して、身体の各臓器をコントロールしています。

そして、臓器のコントロール以外にも体内時計とも連動しているため、睡眠にも大きく関わっているのです。

交感神経は興奮させる神経で、副交感神経はリラックスさせる神経になります。

そのため、朝目覚める時は、これから活動するため交感神経優位になり、夜眠る時は、身体を休めるために副交感神経優位になります。

このリズムがきちんとしていると、朝目覚めて、夜眠るという流れができるのですが、稀にそのリズムが狂う時があります。

その1つが今回私が目覚めてしまったケースのような場合です。

今回は緊急地震速報の音にびっくりしてしまい、交感神経が優位になりましたが、
その他にも、例えば悩み事があったり、疲れすぎてたりすると、夜の時間帯に交感神経が優位に働いてしまうため、眠れなくなってしまうのです。

そして、交感神経優位になっている時は、脳が興奮状態になっています。

交感神経優位になると脳が興奮状態になる

交感神経優位になり脳が興奮状態になると、脳の前にある前頭葉が活発に働きます。

そして、その影響で、頭の前側にあり、目の周りにある眼輪筋や、前の横にある側頭筋が緊張して固まってしまうのです。

これらが固まると、頭が締め付けられ、目を使ってなくても目が疲れるような感じになるので、余計に交感神経優位になってしまうのです。

そのため、これを解決するには、2つの筋肉をゆるめつつ、脳を落ち着かせる必要があります。

脳を落ち着かせるには?

側頭筋をゆるめるには耳を動かすこと。そして眼輪筋をゆるめるには、直接ほぐすことが効果的です。

側頭筋は耳と繋がっているため、耳を動かすと側頭筋をゆるめることができます。

そして、脳を落ち着かせるには腹式呼吸が効果的です。

腹式呼吸をおこなうと、呼吸のリズムが整い、副交感神経を優位にすることができます。

これらを踏まえた上で、下記のワークをおこなっていきましょう。

側頭筋をゆるめる①

  1. 耳の上、真ん中、下と3方向に向けて左右同時に引っ張る。
  2. 少し痛みを感じるところあたりで止めて、腹式呼吸を2〜3回おこなう。

側頭筋をゆるめる②

  1. 耳の付け根を指で左右両方とも挟む。
  2. 指で頭を押さえて固定。
  3. 耳を前後に各5〜10回ずつ大きく回す。

眼輪筋をゆるめる①

  1. 眉毛の一番内側の、すぐ下にある深いくぼみを触る。
  2. そこを斜め上に押してほぐしていく。

眼輪筋をゆるめる②

  1. 眉毛の真ん中から少しだけ下におりたところにあるくぼみを触る。
  2. ここを斜め上に向かって押してほぐしていく。

最後に

ここに書いたことと全く同じことをやって、ようやく眠りにつくことができました。

もっと早くやっておけば良かったと、少し後悔しています。そうすればもっと寝れたのに。笑

もし皆さんの中で、眠りが浅い。寝つきが悪い。また今回の私のように突然目覚めてしまい、そこから眠れなくなってしまった。

などがありましたら、今回のワークを是非試してみてください。

意外と効きますよー!

まとめ

  • 眠れなくなる原因は、副交感神経優位になるべき夜の時間帯に、交感神経優位になってしまい、興奮状態になるため。
  • 交感神経優位になると脳が興奮状態になり、前頭葉が活発に働く。すると、前頭葉付近にある側頭筋や眼輪筋が固まってしまう。
  • 眠れるようにするには、側頭筋の近くにある耳を動かし、眼輪筋を直接ほぐして、腹式呼吸で副交感神経優位にし、脳を落ち着かせる。

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10月に書籍を2冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス