【差分を埋める事が大事】自分がやりたい事と相手が求めてる事は違う

仕事

〝やりたい事や、やろうと思ってる事と相手が求めてる事は違う〟

最近とらせてもらったレッスンや講座内容のアンケートの結果をみて、強くそう思いましたね。

思ってた事とアンケート結果の違い

先日、2つのアンケートを取らせていただきました。アンケートにご協力してくださった方、本当にありがとうございます。

事前アンケートって、自分が思ってた事と求められてる事の違いに気付けて、その差を埋めることができるので、本当に良いですよね。

まず1つ目は、2SNS活用術を開催するにあたっての内容アンケート。

①SNSの特徴や役割
②記事を書く時の基本構成
③読まれるタイトルのつけ方
④Twitter、Instagram初心者がまずはじめにやる事
⑤Twitter、Instagramの特徴を理解して効率よくフォロワーを増やす方法
⑥仕事に繋げる具体的な方法

と6つの中から選択してもらうもので、結果は圧倒的に④⑤⑥でした。

個人的には、全て経験を通じて学んできた事で、全部気になるかなーなんて思ってましたね。なので「全部」という答えが多くなるかな?と思ってたのですが全然違いました。

求められてたのは、僕や一緒にやるインスタグラマーの大竹さんがどのようにしてTwitterやInstagramのフォロワーを増やし、仕事に活用してるのか。この部分だったんですね。

そして2つ目は2回痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスンを開催するにあたっての内容アンケート。

アンケートを取る前は「前回は手を使ってのセルフケアが多かったから、次は道具を使ってのセルフケアにしようかなー」なんて思ってたのですが、結果はこの通り。

Twitterアンケート結果

①手を使った関節痛のセルフケア→16%
②道具(100均で手に入るもの)を使った関節痛のセルフケア→8%
③効率良くストレッチや筋力トレーニングをする方法→49%
④身体の負担を最小限に抑える立ち姿勢・歩き方→27%

グーグルフォームアンケート結果

①手を使った関節痛のセルフケア→17.3%
②道具(100均で手に入るもの)を使った関節痛のセルフケア→13.5%
③効率良くストレッチや筋力トレーニングをする方法→42.3%
④身体の負担を最小限に抑える立ち姿勢・歩き方→26.9%

ご覧の通り、道具を使ったセルフケアは圧倒的にニーズがなかったという。笑

というより、道具とかどうでもよくて、どうやったら関節痛が緩和するのか?そのためならぶっちゃけなんでも良い。そんな感じなんでしょうね。

差分を埋める事が大事

このように、自分がやりたい事・やろうと思ってる事と相手が求めてる事って全然違うんですよ。

その差を埋めない限り、完全自己満になってしまう。

なので、レッスンや講座をやる前の事前アンケートはすごく大切ですね。

その他にも、職場関係・友人関係・家族関係などの人間関係を円滑にする上でも、

相手は何を求めてるのか?
どう思ってるのか?
その言葉の意図は?

など深いところまで聞くこと・知ることが大切なのかなーなんて思いもしました。

相手との差分を埋める・埋め続ける事が大事ですねー。

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10月に書籍を2冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス