頭寒足熱は健康に良いだけではない

体調

頭寒足熱は健康に良い」
これは昔から言われてますよね。

最近、前より足が温かいので、「頭寒足熱だなー」なんて思ってたら、たまたま昨日お客さんとの会話でその話題が出たのですが、

「頭寒足熱って、足が温かくて、頭が冷えてることよねー?」なんて聞かれて、思わず「えっ?」みたいな顔をしてしまいました。

頭が冷えてる。

私的にはちょっと違う気がしています。

頭寒足熱とはいったいどういう意味なのか…?

辞典的な頭寒足熱

頭寒足熱(ずかんそくねつ)を辞典で調べると、

「頭が冷え、足が暖かいこと。」
「頭は冷やし、足は暖かい状態にしておくこと。」

と書いてあるので、

頭を冷やす。頭が冷えてる。

という認識になっても仕方ないと思います。

ただ、よく考えてみてください。

頭が冷えてて気持ちいですか?

風邪とか、夏の暑さとかで、頭が熱い時は冷やしたら気持ち良いと思うのですが、普段から頭が冷えてたら、頭痛になりますよね。

頭が冷えることが嫌い

私は昔からそうなんですが、頭を冷やすことは、熱がある時以外嫌で、

夏の暑い時でも、扇風機やエアコンは出来るだけ頭にはあてたくありません。

先日も、寝る時少し暑かったので、妻が扇風機をつけたのですが、向きが頭からだったので、私だけ頭の向きを逆にして、足に風をあてて寝ましたし。

それだけ身体が拒否してるんですよね。

頭寒足熱の個人的な捉え方

そのため、頭寒足熱の頭寒は「頭を冷やす」という意味ではないような気がします。

私なりに考えた頭寒とは

  • 頭を熱くしすぎない。
  • 冷静な頭でいること。

この2つではないかと思うのです。

頭を熱くしすぎない

意味的には頭を冷やすに近い感じますが、全然違います。

頭を熱くしすぎないは、熱を頭にこもらせないという意味です。

熱が頭にこもる状態というのは、風邪の時の熱や、外気温による熱中症の時のような状態。

頭を熱くしすぎないは、こういった状態にならないように気をつけるということです。

冷静な頭でいる

頭は足と違って脳があります。そのため、熱さというネツだけの話ではなくて、脳の機能的な意味合いも含まれてるのではないかと思ってます。

気持ち的に熱くなって興奮しすぎないように。常に冷静でいる。

頭寒にはそういった意味もあるのではないかと。

頭寒足熱になるとどうなるのか

頭寒足熱をこういった捉え方をすると、単に健康に良いだけでは無さそうです。

一応健康面でいえば、頭に熱がこもらなければ体調は崩しづらくなります。そして足が温かければ、血流も良く、筋肉も内臓も活発に働いてる証拠になるので、身体にはとても良い状態ですよね。

そして健康面以外でいえば、やはり冷静な頭でいることが様々な分野に大きく影響を与えます。

例えば、スポーツで言えば、ピンチの時に焦らず冷静に対処できたり、

仕事で言えば、売上を伸ばすために、何が必要なのかを冷静に分析して判断できたり。

人間関係も冷静に対処できれば、変に拗れたりしませんよね。

このように考えると、頭寒足熱は、様々な分野で成功を収めるために必要な要素なのかもしれません。

皆さんの身体はどうですか?

皆さんの身体は頭寒足熱になってますか?

なってない方は、少しだけ自分の身体を労わる時間を作ってください。

湯船にゆっくり浸かるとか、軽い有酸素運動をするだけでもだいぶ違います。

手軽にやるなら、ブログで頻繁にご紹介しているクロスポイントも効果的です。

頭寒足熱になってない人は、身体がガチガチに固まってることが多いので、クロスポイントワークでアウターマッスルをゆるめることができると、血流が良くなり足から温めることができます。

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24

いきなり色々やるのは難しいと思うので、まずはできることから始めてみてはいががでしょうか。

柴が提供する5つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 対面での施術や運動指導が難しい方必見!【オンラインセッション(60分6600円)】の詳細はこちら
  3. 累計販売数3500部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  4. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  5. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

書籍情報

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch
  3. 書籍第三弾【10秒さすり】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  4. 書籍第四弾【まいにち10秒ストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/stretch-every-day
  5. 書籍第五弾【肩甲骨は閉じない、寄せない、開いて使う!】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/scapula

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

  • ブログの動画バージョン
  • ツイッター動画のまとめ
  • 最新の身体情報
を配信してます。 チャンネル登録よろしくです! →https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

解剖学画像の引用元

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス