【原因不明の体の怠さ・眠気】は胸椎の硬さを疑ってみよう!

背骨

こんにちは!柴です。

先週セッションを実施したお客様から、次の日にこんなメールをいただきました。

毎朝起きると体が怠く、日中も眠いという症状がずっと続いていましたが、今朝はスッキリ起きる事ができました。
胸椎がガチガチで呼吸が浅かったのがよ〜くわかりました。

この方には、

  • 胸椎の動かし方
  • 胸椎と関係ある背骨の動かし方
  • 胸椎を意識した静的ストレッチ3種
  • 胸椎を意識した動的ストレッチ3種

をご案内したのですが、
それにより体の怠さや眠気が解消されたようなのです。

本当に良かった!!

このように、
「原因はわからないけど、何となく体が怠い、、、けど病院にいくほどでもないしなー、、、」という症状は、胸椎の硬さが関係してる事が結構あるんですよね。

どんな関係かというと、メールにもありましたが、
胸椎は呼吸と深い関係があるのです。

胸椎と呼吸

まず内臓の視点からお話ししますね。
心臓の神経は胸椎の1〜4番。肺の神経は胸椎1〜2番と5〜6番から出ています。

そのため、胸椎の1〜6番は呼吸に関係する内臓と繋がる部分になるので、
ここに付着する筋肉の、菱形筋、板状筋、僧帽筋などの筋肉が固まると、
胸椎1〜6番の動きが悪くなり、そこから心臓や肺に影響を与えて、呼吸を浅くしてしまいます。

そして筋肉の視点から話すと、
先程あげた3つの筋肉やその他の背中の筋肉が、
姿勢や動きの癖など、何かしらが影響して固まると、
胸椎から繋がる肋骨の動きも悪くします。

みぞおちの奥にある横隔膜や、肋骨の間にある肋間筋は、呼吸筋で肋骨についるため、
肋骨の動きが悪くなると、呼吸筋の働きも悪くなり、
それで呼吸が浅くなるのです。

このように胸椎が硬くなると、呼吸が浅くなってしまうので、
そうなると酸素が、脳や筋肉、内臓など全身に行き渡らなくなるため、
その結果、体が怠くなったり、眠気がしたりするのです。

胸椎のストレッチ

「体の怠さや眠気を解消する!」
「そもそもそうならないような体を作る!」

この目的を達成するための第一歩として、まずは胸椎のストレッチをしていきましょう。

やり方はこの動画で。

片方30〜60秒を1セットで良いのでやっていきましょう。

その他、このYouTubeのストレッチも胸椎を伸ばしてるので、
デスクワーカーで、仕事の合間にやりたい方は 、
こっちをやって下さい!

これで体質を変えていきましょう!

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニング

施術や運動指導は、JR立川駅から徒歩5分のところにある「SPTパーソナルトレーニングサロン」で行っています。

完全予約制、完全オーダーメイドのプライベートサロンです。

初回料金は20%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

会員数が200名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

SNS、YouTube

フォローはお気軽に!

YouTube

Twitter

Instagram

Facebook

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas