資格取ったからって、それで仕事しなくてもいいんだよ

思考

僕は鍼灸師の国家資格持ってますが、今は全く鍼を刺してません。

刺さなくなってから

「なんでやらないの?」
「勿体無くない?」

などなど色々言われましたが、別にそれでもいーじゃん!と思っているのです。

資格持ってるからってそれで仕事しなくても良いと思う

資格取得した直後は刺しましたよ。鍼灸整骨院に勤めて、大学の野球部でもトレーナーをやってたので、どちらでも鍼を使いました。

でもですね。やりながら思ったんです。「手を使った施術や運動指導のが楽しいな」と。

そう思ったらどんどん鍼を刺さなくなり、結局今は全く刺してません。でもそれでも良いと思うんですよ。だって、鍼灸師になったら鍼灸を絶対使わなければならないなんてルールどこにもないんだから!

学費が勿体ないとかも言われましたが、そこで色々な人の繋がりができましたし、医学的なことも学ぶことができました。それは今でもキチンと生きてます。

それに何故、国家資格を取得する学校を出た後、その仕事をしてないと学費が勿体ないとか言われるのでしょう?普通に大学出て就職してる人は勿体無くないんですか?こういった事言われるとね、その仕事を辞めたくても辞められなくなるんですよ。

「そーだよなー、、、せっかく資格取ったんだから、、、」
「やっぱり勿体無いよなー、、、」

みたいな感じになって。

多分それで悩んでる人多いと思います。

何するかはその人の自由

資格取得後、その職についてみると気づくことってあると思います。「あ、意外とこの仕事楽しくない、、、」と。

でもそれに気づいても、周りになんて言われるかが気になって言えずにいる。そして誰にも相談できずに、ただ淡々とその仕事をこなすようになり歳を重ねる。すると更にこの「資格縛り」から抜け出せなくなる。

別にね、

鍼灸師は鍼灸治療院に勤めなければならないとか、
柔道整復師は整骨院に勤めなければならないとか、
理学療法士は病院に勤めなければならないとか

そんなルールないんですよ。

別に良いんです。

鍼灸師が運送業したって。
柔道整復師がOLしたって。
理学療法士が販売員したって。

「病院は楽しくないけど、お惣菜販売するの超たのしー!!!」となるのなら、その心の声にきちんと耳を傾けて、その仕事をやるべき。自分に嘘ついて生きていても全く楽しくない。苦痛な人生に終わってしまう。

もちろん人によっては、そんなすぐに変えることはできないかもしれないけど、本当に嫌なら、少しずつでも別の仕事をする準備をしていけば良い。

そして周りの人も、もしそういった相談をされたり、辞めたそうな雰囲気がある人がいたら、「せっかく資格取ったんだから!」とか言わないであげてほしい。

辞めたい人はその言葉が一番キツイんです。
その言葉を聞きたくないから辞められないんです。だから言わないであげてほしい。
きちんと話を聞いてあげてほしい。

10/17発売!書籍第一弾「10秒ゆるみストレッチ」予約受付開始!

  • 立ち仕事で腰が痛かったり、足が疲れたり。
  • 座り仕事で肩がこったり、浮腫んだり。
  • 疲労で全身が怠かったり、頭痛がしたり。
などなどそんな身体の不調でお悩みの方にオススメの本です!

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7560円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数150名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4320円)

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス