柴の言ってるセルフケアって何?

思考

「セルフケア」って聞くと、自分で自分の身体をケアする。

痛めてる人はそれを少しでも緩和したり、
身体が固くて動きが悪い人は、それを少しでも良い状態にする。

そんなイメージがあると思います。

そしてその方法としては

  • マッサージ
  • ストレッチ
  • 皮下脂肪はがし

なんかが浮かぶかなと。

でも僕が言ってるセルフケアって、その先があるんですよ。

簡単に言えば、

そもそも痛めない
動きも悪くしない
むしろどんどん動きが良くなっていく
楽に動けるようになっていく

といった身体を作るところまでを「セルフケア」と言ってますね。

楽に動ける身体を作るには?

痛みなく、楽に動ける身体。

そんな身体を作るにはアウターマッスルとインナーマッスルのバランスを整える必要があります。

これらの特徴は以下の通り。

〈アウターマッスル〉

  • 表面上にある
  • 使いやすい
  • 力が強い
  • 持久力がない

〈インナーマッスル〉

  • 身体の中にある
  • 使いづらい
  • 関節の動きをスムーズにする
  • 関節を安定させる
  • 持久力がある

このような特徴があり、

日常から運動・スポーツ・趣味活動まで、どこも痛めず、動きも良く、パフォーマンスが高い人は、この2種類の筋肉がバランス良く使えてるのです。

ですが、ほとんどの人がそれができず「アウターマッスル優位」の状態にあります。

アウターマッスルは使いやすく、力も強いのですが、持久力が無いため、使い過ぎるとすぐに固まり、関節の動きを悪くします。

すると痛めやすかったり、動きが悪くなりパフォーマンスが下がるのです。

これを解決するにはアウターマッスルとインナーマッスルのバランスを取る必要があります。

アウターとインナーのバランス

バランスが悪い人は、アウターマッスルは言い換えれば「使いすぎて固い筋肉」で、
インナーマッスルは「使えてない筋肉」です。

なのでこれらを解決するには、アウターマッスルはほぐして、インナーマッスルはどんどん刺激を入れて使えるようにしていきます。

ただこれらにも手順があります。こんな流れですね。

1.アウターマッスルを緩める

2.個々のインナーマッスルに簡単な刺激を入れる

3.それを繋げて使う

ざっくり分けるとこんな感じです。
これら1つ1つの中にもレベルや段階がありますが、こんな手順で行い、

普段からインナーマッスルを使えるようにする。そして運動やスポーツなどでも使えるようにする。

といった具合でレベルアップさせていきます。

まずはYouTubeから

なのでまずはじめの段階としては、アウターマッスルを緩める事。

このやり方はYouTubeで色々紹介してるので、そちらを参考にして下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

そして次の段階のインナーマッスル刺激も入ってるのが有料note。本にも書いてありますね。
https://note.com/masahito_shiba

アウターほぐすのも、インナー使うのも、
より高い精度でできるようになり、随時内容がアップデートされてくのが、オンラインレッスン「セルフケアサロン」
https://mosh.jp/classes/page/9021

完全オーダーメイドなのが個別セッション
https://selfcare-lab.com/initial-experience

こんな感じですかねー!

コツコツやっていきましょう

どの段階でも共通して言えるのは、コツコツやってく事。

ワークを繰り返し行う事で、身体に染み込み、変わってきます。

なので自分のペースでコツコツ実践していきましょう!

柴が提供する6つのサービス

  1. 「楽に動ける身体を作る」週1オンラインレッスン【セルフケアサロン(月額3000円】
  2. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  3. 対面での施術や運動指導が難しい方必見!【オンラインセッション(60分6600円)】の詳細はこちら
  4. 累計販売数3500部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  5. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  6. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

書籍情報

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch
  3. 書籍第三弾【10秒さすり】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  4. 書籍第四弾【まいにち10秒ストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/stretch-every-day
  5. 書籍第五弾【肩甲骨は閉じない、寄せない、開いて使う!】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/scapula

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

  • ブログの動画バージョン
  • ツイッター動画のまとめ
  • 最新の身体情報
を配信してます。 チャンネル登録よろしくです! →https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

解剖学画像の引用元

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス Thanks to @visiblebody