大きく分けて2種類!この便秘にはお腹ほぐしが効く

内臓

「基本1日1回なんですが。先生にお腹ほぐしてもらったら、その日は2回も便が出てびっくりしました!」

とここ数日で3人の方から同じ報告を受けました。

何ですかね。こういう報告って何故か被る事がありますよね。笑

でもこういったお声をいただけるのはとても嬉しいです。

そして今回は便秘の方からの報告ではなかったですが、基本は同じ。便秘の方も同じようにお腹をほぐすと便が出るようになって、便秘が解消される可能性ががあります。

便秘は大きく分けて2種類

便秘には「原因がはっきりしてるもの」「そうでないもの」

の2種類があります。

原因がはっきりしてる便秘

これには

  • 器質性便秘
  • 症候性便秘
  • 薬剤性便秘

の3種類があります。

器質性便秘は大腸ガンやクローン病などの病気が原因で腸の構造に異常が起きてなる便秘です。

症候性便秘糖尿病やパーキンソン病など、内科的な病気の影響で生じるタイプの便秘になります。

最後、薬剤性便秘服用した薬の影響で生じるタイプの便秘です。

このように3種類ある原因がはっきりしてる便秘は、病気や薬が関係してるので、これにはお腹ほぐしは効かない可能性の方が高いです。

効いても気持ち便の出が良くなるか。といった感じですかね。

なのでこれらの便秘に関しては適切な治療をしつつ、もしほぐす場合は医師に相談してからにしてください。

原因がはっきりわからない便秘

これには

  • 機能性便秘
  • 便秘型IBS

の2種類があります。

機能性便秘偏った食事や運動不足といった生活習慣の乱れや、ストレスなどにより、腸の働きが低下することで生じるタイプの便秘です。
これはもっとも一般的な便秘のタイプと言われています。

そしてもう1つが便秘型IBS便秘や腹痛、お腹の不快感がくりかえしあらわれるタイプの便秘です。

これらの便秘に関しては、もちろん酷い場合は医師に相談して治療を受ける必要がありますが、最も多い機能性便秘に関しては、根本は生活習慣なので、これにはお腹ほぐしは効きますね。

もちろん生活習慣をきちんと見直すのが前提ですが。

機能性便秘にはお腹ほぐしが効く可能性がある

偏った食生活、精神的ストレス、運動不足。

など原因となるものが色々あるため、原因がはっきりしない便秘と言われてますが、でも要は生活習慣の乱れなので、まずはそこを正す必要があります。

そしてそれと同時にやると効果的なのがお腹ほぐしです。

食生活が乱れてもストレスでも運動不足でも共通してるのは内臓が固いというところ。

食生活が乱れれば内臓に直接ダメージを与えますし、精神的ストレスかかれば自律神経が乱れて、自律神経支配の内臓に影響が出ます。

そして運動不足になると全身の血流が悪くなるため、それも内臓に影響を及ぼすのです。

そのためお腹ほぐしで内臓を緩められると便秘を解消する事ができるというわけなんです

お腹ほぐし

お腹ほぐしは

  • みぞおち(ヘソから指4本上)
  • ヘソの上下左右
  • 下腹部(ヘソから指4本下)

の5部位をほぐします。

ここをほぐすのに一番手軽にできるのが直接の指圧。こんな感じで5つの部位を指圧してほぐしていきます。

そして道具を使うとしたら、100均に売ってる健康棒。

これを5つの部位にあててほぐしていきます。

但し、1つだけ注意してほしい事があります。

それは痛いのを我慢してやらないでほしいという事です。痛いのを我慢すると力んで逆に固めてしまう恐れがあります。

なので痛気持ち良い〜気持ち良い範囲でほぐしていきましょう。

あと同じところを永遠とやるのはあまりオススメできないので、痛気持ち良い部位以外の部位にちょくちょく移動させながらほぐしていってください。

そして長くても2〜3分くらいですかね。それくらいを目安にほぐしていきましょう!

まずは1週間に2〜3回程度から

これをまずは1週間に2〜3回ほぐしていきましょう!それで様子を見て、まだ大丈夫そうでしたら増やしてみてください。

あと生活習慣の改善も忘れずに。すぐに改善させる事が難しいものもあると思うので、まずは出来る事からやってみましょう!

「治療+運動」のオリジナルメソッド!東京立川で行ってる施術・運動指導

SHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

完全オーダーメイド!オンラインパーソナル

ZOOMを使ったオンラインパーソナルトレーニング。

「今の自分に最適なワークを知りたい!」という方にオススメです。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/online

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

参加者が150名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

SNS、YouTube

フォローはお気軽に!

YouTube

Twitter

Instagram

Facebook

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas