【フィットネス業界が死んでしまう】業界で取り組んでるコロナウイルス対策と現状

仕事

これは今フィットネス業界で取り組んでるコロナウイルス対策です。

FIA(日本フィットネス産業協会)が出してるガイドライン
https://www.fia.or.jp/wp-content/uploads/2020/01/corona_rule_b_03.pdf

そしてこれがYahooニュースになってた記事ですね
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00010013-fnnprimev-soci

 

この記事にも書いてありますが、
政府からフィットネスクラブが感染源かのように言われてしまったがために、今、フィットネス業界はヤバイ状況に陥っています。

休会や退会が増え、スタジオレッスンが無くなったため、インストラクターさんは大事な収入源をいきなり失いました。


それを補填してくれてるクラブもありますが、休会や退会が増え、営業を停止している状況では、この補填もいつまでしてもらえるのか。そして補填してるクラブ側も厳しい状況に陥ってるので、最悪の場合、クラブ自体が潰れてしまう事も考えられます。

そうなると、経営者やそこで働く社員やアルバイト。インストラクターやトレーナーは職を失いますよね。

そしてクラブに通ってくださってる会員さんは行き場を失ってしまいます。

ちなみに僕個人のパーソナルの売り上げで言えば1/3〜1/4くらいになってますね。だいぶ減ってます。

僕もマスクしたり、手洗いうがいしたり、熱測ったり。あとは栄養のあるもの食べて、しっかり寝て。程よく体動かして免疫力も高い状態を維持。

色々対策はしています。

クラブ側もガイドラインや記事に書いてあるとおり、しっかり対策しています。

でもスポーツクラブがなんか凄い「悪い場所」扱いされてしまったため、対策しても、現状は全然ダメ。

このままだと業界全体が衰退してしまいます。

健康維持増進のためにある。人間にとってとても大切な業界です。そして僕が15年もいるとても大好きな業界です。

こんな形で無くなって欲しくない。

なので今、コロナウィルスの影響でフィットネスクラブを休んでる方。家族や職場、友人にフィットネスクラブに通ってる人がいる方に、今フィットネス業界でおこなってる対策と現状を、まずは知ってもらいたいです。

なのでお時間ある時に、ぜひガイドラインや記事を読んでみてください。

 

ガイドライン
https://www.fia.or.jp/wp-content/uploads/2020/01/corona_rule_b_03.pdf

記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00010013-fnnprimev-soci

柴が提供する5つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 対面での施術や運動指導が難しい方必見!【オンラインセッション(60分6600円)】の詳細はこちら
  3. 累計販売数3500部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  4. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  5. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

書籍情報

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch
  3. 書籍第三弾【10秒さすり】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  4. 書籍第四弾【まいにち10秒ストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/stretch-every-day
  5. 書籍第五弾【肩甲骨は閉じない、寄せない、開いて使う!】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/scapula

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

  • ブログの動画バージョン
  • ツイッター動画のまとめ
  • 最新の身体情報
を配信してます。 チャンネル登録よろしくです! →https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

解剖学画像の引用元

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス