【首コリの人ほど、首を動かし過ぎ】胸が動けば解消される!

おはようございます!柴です。

首こり、頭痛、脳疲労、眼精疲労
など、首から上に不具合がある人向けに、過去様々なYouTube動画を出してきました。

首こり(ストレートネックについて話してるが首こりにも効く)↓

首こりと眼精疲労↓

頭痛、脳疲労、眼精疲労↓

頭痛、脳疲労↓

とこんな感じで。

これらのほぼ全てが直接アプローチになるので、それなりに効果はあります。
これで良くなった方からのコメントをたくさん頂いてますしね。

なので、首こり、頭痛、脳疲労、眼精疲労がある方は、
まずYouTubeで紹介してるワークをやってもらいたいのですが、
そこからもう一個踏み込んで、そもそもこういった症状が出ない体にしたい。」
という方は、また別の部位へのアプローチが必要です。

それが今回紹介する首から下。
胸椎へのアプローチですね。

首を動かし過ぎ!

首から上に症状がある方の多くは、普段から首を動かし過ぎています。

「そんなつもりは無い!」

と思ってる方が大多数だと思いますが、言い方を変えると、
首から下が動かな過ぎて、その分首から上ばかり動いてしまってる。

という感じです。

もう少し具体的に説明すると、
首の頸椎ばかり動いていて、頚椎の下の胸椎が全然動いていないと言う事です。

過去何人も、首から上に不調がある方を治療してきましたが、
その多くが、首を動かす時にこの画像のようの動かしています。

本当はこんな感じで首から下も動かせると、その分首から上の負担が減るので、
首こり、頭痛、脳疲労、眼精疲労も減るのです。

そのため、首から下の胸椎の可動性がとても大事になります。

では何故胸椎は動かなくなってしまうのでしょう?

その理由は、胸椎には頚椎にはないある特徴があるからです。

胸椎の特徴

骨という視点で話せば、
頚椎には頭蓋以外、特になにも付いていません。

ですが胸椎には肋骨がついて、肋骨の上には肩甲骨があります。

そして肋骨は前に行くと胸骨と繋がり、胸骨は鎖骨と繋がります。

このように、胸椎の周りには他の骨があり、その骨の間は全て関節になるため、
仮に胸椎に何もエラーがなくても、胸骨や肋骨の間の関節にエラーがあれば、
そのエラーの影響を胸椎が受けて、動かしづらくなる事があるのです。

このように、胸椎には頚椎にはない繋がりが沢山あるため、色々な影響を受けやすく、
その分固まりやすいのです。

なのでこれを解決するには、セルフでやる場合は、
まず胸椎や肋骨、肩甲骨、胸骨、鎖骨周りの筋肉を緩めて、
その後に、胸椎を動かしていく事が効果的です。

胸椎を動かしやすい状態にする

今回は胸椎を動かしやすくするために、関連する筋肉を緩める方法を紹介しますね。

緩めたい筋肉は、お腹や胸、背中周りの筋肉です。

これらは胸椎、肋骨、肩甲骨、胸骨、鎖骨に関係する筋肉なので、
緩め終わると、首が楽に動き、頭や目がスッキリします。

なのでまずはそれをやる前に、首を前後左右動かしたり、頭や目の疲労度合いを覚えておいて下さい。

それができたら、
昨日TwitterやInstagramに上げた、この動画のストレッチをしていきましょう。

一番左側のストレッチは、ハーフポールやストレッチポールを使用してますが、
代用で枕やクッションにしても構いません。
できる方は、枕やクッション無しでやってもOKです。

片側30秒1セット。やっていきましょう。
ストレッチ中は深呼吸を忘れないでくださいね。

ではそれが終わったら、再度、首を前後左右動かしたり、頭や目の疲労度合いを確認してみましょう。

いかがでしょうか?
先程より首が動かしやすくなり、頭や目もスッキリしてると思います。

このように、胸椎を動かしやすくするためのストレッチをやるだけでも違うので、
首から上の不調でお悩みの方は、
冒頭で紹介したYouTubeと組み合わせてやってみて下さいね!

ちなみに、

  • ストレッチの細かなやり方。
  • 別のストレッチ方法。
  • やるまでの準備として必要なワーク。
  • 胸椎を動かしていくワーク。

に関しては、明日のセルフケアサロンのレッスンで行いますので、サロン生の方は楽しみにしていて下さいねー!

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニング

施術や運動指導は、JR立川駅から徒歩5分のところにある「SPTパーソナルトレーニングサロン」で行っています。

完全予約制、完全オーダーメイドのプライベートサロンです。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

会員数が200名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

SNS、YouTube

フォローはお気軽に!

YouTube

Twitter

Instagram

Facebook

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas