【メンタルケア】不安やストレスをストレッチで軽減させよう!

メンタル

コロナウィルスの影響で、殺伐とした雰囲気というか、重い雰囲気といいますか。

とにかくマイナスの雰囲気を感じる今日この頃。

やはり不安ですよね。
僕も不安です。

みんな不安で仕方ないと思います。

そんな大きなストレスを抱えてる時。

対処療法にしかならないけど、ストレッチはとても効果的なんです。

特にお腹・背中・首肩・頭まわり。この辺は重点的にやりたいですね!

ストレス解消にストレッチは効果的!

色々不安があったり、考え事をしたり。そういう時って心拍数が結構上がってるんです。

それは交感神経が優位になるから。

交感神経が優位になると

  • 心拍数が上がる
  • 呼吸が荒くなる
  • 筋肉が緊張する

こういった事が起こります。

なので深呼吸しながら、ゆっくりと筋肉を伸ばして緩めるストレッチをやると、ストレス解消になるのです。

なので時間があれば全身満遍なくやりたいところですね。

ただもし的を絞ってやるのならば、お腹・背中・首肩・頭をやってほしいです!

それはストレス抱えてる時はこの辺りが特に固まりやすいから。

ストレス解消に特に効果的なのがお腹・背中・首肩・頭のストレッチ

なぜこれらの部位が固まりやすいのか?

1つずつ解説していきますねー!

お腹

ストレス抱えるとまず呼吸が荒くなります。

もっと具体的にいうと浅くなります。

最近ため息増えてないですか?呼吸が浅くなって止まっていると、酸素を体に取り込むためにため息をします。ため息は体の無意識な反応みたいなものなんです。

そして呼吸が浅くなってる時は、呼吸筋である横隔膜の働きが落ちて、その影響でみぞおち周りがガチガチに固まってきます。そのため、この辺りはほぐしておきたい部位ですね!

背中・首肩

ストレスで心拍数が上がり、呼吸が荒くなってる時。心臓や肺はいつも以上に活発に働きます。

心臓の神経は胸椎の1番〜4番。肺の神経は胸椎1〜2番から5〜6番から出ています。

そのため、心臓や肺が使いすぎで疲労してくると、胸椎1番〜6番を介して、そこに付着する背中・首肩の筋肉である菱形筋、板状筋、僧帽筋などの筋肉が固まってしまうのです。

不安な時って、悩み、色々なことを考えますよね。

そういう時、脳の前頭葉が活発に働きます。

そして前頭葉が働きすぎると、その影響で前頭部側頭部などが固まり、場合によっては頭痛を引き起こすこともあります。

ストレス解消におすすめストレッチはこれ!

以上の理由から、ストレスが溜まってる時は、お腹・背中・首肩・頭の筋肉を緩めるのが効果的です。

なので、コロナウイルスの影響で心が落ち着かない。そういった人は、YouTubeからピックアップしたこれらのストレッチをやってみてください!

上から順番にやるのがオススメですよー!

 

書籍情報

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

簡単にできる

・ストレッチ
・マッサージ
・皮下脂肪はがし

などを配信しています。チャンネル登録よろしくです↓

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

柴雅仁
楽に動ける身体を作るパーソナルトレーナー
横浜鶴見・蒲田を拠点に活動するパーソナルトレーナー。痛みのない動ける身体を作るための方法を発信中。鍼灸師/NSCA認定パーソナルトレーナー/JCMA認定体軸セラピスト