【肩甲骨】を使えば股関節が柔らかくなる

セルフケアサロン

一昨日のサロンレッスンでは「肩甲骨」をテーマに様々なワークを行っていきました。

その中でも印象的だったのが、肩甲骨の使い方で「股関節が柔らかくなった」というお声。

肩甲骨と股関節はねー。

すごい関係が深いんですよ。

だから股関節が固かったり、うまく動かない方も、是非肩甲骨へのアプローチはしっかりやっていただきたいですね!

肩甲骨と股関節の関係

肩甲骨には様々な筋肉がついてますが、その中でも僕が特に重要視してるのが脇にある前鋸筋。

この筋肉は、肩甲骨を前にスライドさせたり、肩を下げたりなどの働きがあるのですが、実は股関節と関係してます。

前鋸筋は脇腹にある腹斜筋と繋がってるのですが、腹斜筋は体幹のインナーマッスルである腹横筋と繋がっています。

そして腹横筋は横隔膜を介して腸腰筋と繋がっており、腸腰筋は股関節を動かすインナーマッスルです。

なので前鋸筋が使えると、腸腰筋も使えて、股関節が柔らかくなるんですね!

体感する

では実際にその効果を体感してみましょう。

まずできる範囲で前屈をしていきます。この時、手がどこまで下に下がるかを覚えておいてください。

次に脇の下を刺激します。

0:39-1:04までがそのワークです。

それが終わったら前屈をします。
この時ポイントとなるのが、手の向き。

脇を使いやすくするために、腕を外巻き(親指を外側に向ける)にして、前屈をしてみましょう。

いかがでしょうか?先ほどより前屈がしやすくなり、手が下まで下がるのがわかると思います。

このように脇の使い方一つで、股関節の柔軟性が変わるんですねー。

日頃から脇のワークをやっておこう!

こんな感じで脇を使えると、股関節の柔軟性が変わるので、

股関節固い・痛い
歩くとすぐ疲れる
楽に走れるようになりたい

といった方は、是非股関節周りだけでなく、脇のワークもしっかりやってくださいねー!

 

P.S.身体の使い方や、関節の調整方法などを、
週1回、オンラインでレッスンをしています。

8/2日の19時〜8/5水の18時59分まで募集してるので、ご興味ある方は今のうちに内容をチェックして、申し込んでくださいねー!
ちなみに定員は増枠して200名で、残り50名で定員になります。
定員に達したら、その時点で募集終了になりますので、早めに申し込んでくださいねー!

https://mosh.jp/classes/page/9021

※毎月募集してますが、自分1人で対応できる限界の人数までになったら、増枠しての募集を終了します。

年間1500セッション!東京立川で行ってる施術・運動指導

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

参加者が150名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas