【ウエストを絞る・くびれを作る】には脇と股関節を意識する事

体幹

この脇腹トレーニングのツイートが結構人気でした。

ただ「手首が痛い」「この体勢をキープできない」

などのお声が多数あったので、その対策についてお話ししますね。

ポイントは股関節です!

脇の意識

まず脇。

脇にある前鋸筋は脇腹を介して体幹のインナーマッスルと繋がっています。

そのため脇の意識を高めたほうがよいのですが、それには条件があるんですね。

それは手や腕の小指側の意識を高める事です。

手や腕の小指側は前鋸筋と繋がりがあります。

そのためこれらをまとめて意識できると腕から体幹にかけてが繋がって安定するため、手首の負担が軽くなり、痛みが軽減します。

股関節の意識

股関節からみぞおちの反対側の背骨には体幹のインナーマッスルである大腰筋が付着しています。

この筋肉はその他の体幹のインナーマッスル(横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群)、そして内ももの内転筋群や裏もものハムストリングスなど下肢の筋肉との繋がりもあるので、大腰筋の働きを高めると、体幹から下肢まで繋げて使えるようになります。

そのため、これらをまとめて意識できると、体幹から下肢の安定感が増すため、この横向きの体勢をキープできるんですね。

脇腹トレーニング前にやった方が良いワーク

以上の理由から、脇と股関節を意識できるようになった方が良いので、そのためにこれらのワークをやっていきましょう!

手〜肘〜脇を繋ぐ

やり方は全てこの動画で説明してるので、お時間あるときに視聴してください。

※1分15秒からがそのやり方ですが、その前のワークも効くので、試しにやってみてください。

大腰筋の働きを高める

このワークを10回やります。これもやり方は全てこの動画で説明してるので、お時間あるときに視聴してください。

脇と股関節を意識しながら脇腹トレーニングをやってみる

ではこれらのワークが終わったら、脇と股関節を意識しながら脇腹トレーニングをやってみましょう。

この時の意識は2つ。

1つはみぞおちに股関節を近づけて、その意識のまま横向きになる。先ほどの動画でいうと、この部分ですね。

表現を変えると、みぞおちに股関節を近づけて腰を丸めたまま横向きになる。

こんな感じです。

なのでその意識のままセットしましょう。

そして2つ目は地面についてる手。

これはツイートでも説明してますが、手や肘で押すのではなく、脇で地面を押す意識で行なっていきましょう。

この2つを意識しながら脇腹トレーニングに取り組んでくださいねー!

そしてその他にも、

足を前後にしたり
膝を90°にしてスネを地面についたままにしたり
下の手の肘を曲げたり

など負荷を下げる方法もあるので、このやり方も合わせて試してみてください!

柴が提供する6つのサービス

  1. 「楽に動ける身体を作る」週1オンラインレッスン【セルフケアサロン(月額3000円】
  2. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  3. 対面での施術や運動指導が難しい方必見!【オンラインセッション(60分6600円)】の詳細はこちら
  4. 累計販売数3500部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  5. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  6. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

書籍情報

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch
  3. 書籍第三弾【10秒さすり】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  4. 書籍第四弾【まいにち10秒ストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/stretch-every-day
  5. 書籍第五弾【肩甲骨は閉じない、寄せない、開いて使う!】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/scapula

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

  • ブログの動画バージョン
  • ツイッター動画のまとめ
  • 最新の身体情報
を配信してます。 チャンネル登録よろしくです! →https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

解剖学画像の引用元

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス Thanks to @visiblebody