名探偵コナンと関節痛を解決する過程は同じだったりする

痛み

おはようございます。柴です。

私は昔からサスペンス系・推理系が大好きで、映画やドラマ、小説でハマるのは、大体サスペンスや推理系です。

そんな中、子どもの頃からずっと大好きなのが名探偵コナンで、昔はアニメも漫画も映画も全部見てましたねー。

最近は昔ほど見なくなりましたが、映画だけは未だに観てます。笑
そして密かに、息子が大きくなったら、一緒に映画を観に行きたいと思ってます。笑

そんな名探偵コナンですが、実は犯人を見つけるまでの過程が、関節痛を解決するまでの過程と同じだったりするんですよー。

なので私は、毎日気分はコナン君です。笑

犯人を見つけるまでの過程

まず名探偵コナンの話の大まかな流れをいうと、

まずコナンとその他の主要キャラで、どこかに出かけますよね。
そしてそこで必ず事件に巻き込まれます。

そこには様々なトリックと、事件に関係する人物(容疑者候補)が複数名いて、
まずそのトリックをあばくために、現場に残されてる情報をつなぎ合わせます。

そしてそこに、容疑者候補達の事件があった時間の行動や人間関係、過去が関係してきて、
その全ての要素をつなぎ合わせて犯人を特定するわけです。

とこんな感じで事件解決するのですが、

これらの流れを簡単にまとめると

事件が起きる

トリックを暴くために、残された情報を繋ぎ合わせる(操作1)

事件があった時の容疑者候補達の行動、人間関係、過去(操作2)

これら全てを繋ぎ合わせて犯人を特定

となります。

関節痛を解決する過程もこれと同じような手順を踏みます。

関節痛を解決するまでの過程

例えば、膝を痛めた人がいたとします。

膝を痛めてしまった要素はいくつも考えられ、関節の歪み・姿勢・動きなどが関係してきます。
細かくいうと、

  • 膝の歪み
  • 足首がゆるい
  • 股関節や背骨が固い
  • 肩がこりやすい
  • 猫背

などです。
そしてこららには複雑な関係性があります。

そしてそこに過去の怪我や疾患などが関係してきます。

  • 足首を捻挫したことがある
  • 腰のヘルニアをやったが今は問題ない
  • 肩関節の脱臼をして、今だに肩周りの動きが悪い

これらを全て繋ぎ合わせます。その結果膝を痛めてしまった根本原因がわかるわけです。

これを先ほどの犯人特定の流れのようにまとめると

膝を痛める(事件)

歪みや姿勢、動きの確認(操作1)

過去の怪我や疾患(操作2)

根本原因特定(犯人を特定)

となるわけです。

これをもう少し具体的にすると

膝を痛める

肩がこりやすいことが原因で、背骨や股関節が固くなり動きが悪くなる。
それにより膝に負担をかけている。

肩がこりやすくなったのも、肩関節を脱臼してから

根本原因は脱臼後の肩関節の不安定性

こんな感じになるわけです。

そのため、この人の場合は、膝を治すために、
患部を治療しつつ、股関節や背骨を動かせるようにし、更に肩関節の不安定性を取り除かなくてはなりません。

それができて初めて膝の痛みが取れるのです。

つまり私のようなトレーナー・セラピストは、このように根本原因を特定できるようにしなければならないのですが、
今回の記事でお伝えしたいのは治療を受ける側の人。

痛みをとりたいと思ってる本人に、根本原因は患部以外にあるということを知ってもらいたいのです。

根本原因は患部以外にあることのが多い

関節を痛めたことがある人は、一度はどこかで治療を受けたことがあると思います。

でもその治療のほとんどは患部に対するものばかりです。

もちろん患部の治療は大事なので、必要なことなんですが、でもそれだけだと

「痛みは引いたけど、微妙に残ったまま、それが取れない。。。」
「痛みは取れたけど動きが悪いまま」

と何かしらが残ってしまうのです。

そして、これをほっといてしまうと、また同じようなところを痛めてしまうことがあります。

これでは治ったとは言えませんよね。

なぜこのようなことが起きてしまうのかというと、根本原因が変わってないからです。

そのため完治させるには、根本原因を変える必要があります。

根本原因を特定するのは難しいが…

とは言うものの、根本原因を突き止めるのは、トレーナーやセラピストでも容易ではありません。

なので、治療を受ける側の人自身が、根本原因を突き止めるのは至難の技。

そのため、根本原因を突き止めるのはプロに任せた方が良いのですが、治療を受ける側の人にもできることがあります。

それは、全身の調整をする事です。

根本原因を突き止めるまで。
そして突き止めた後も、根本原因は、様々な部位を経由して患部に影響を与えているので、どちらの場合でも全身の調整はした方が良いです。

そしてその方法とは、一番簡単にできるのがクロスポイントワークです。

クロスポイントは全身14ヶ所にあるツボのようなもので、インナーマッスルの機能を高めてくれます。

関節を痛めてる人のほとんどは、インナーマッスルの機能が低下しているので、
関節痛の根本原因を解決したい人は、14ヶ所全てを刺激してみてください。

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細なやり方はLINE@登録者は限定動画をご確認ください。

クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

最後に

根本治療とクロスポイントワーク。この二つを組み合わせることで関節痛を解決することができるので、言わばコナンと毛利小五郎のような関係ですね。笑

どちらも犯人特定には必要な存在なので、関節痛でお悩みの方は、治療をしつつ、クロスポイントワークを継続的におこなってください。

柴が提供する3つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術と運動指導】の詳細はこちら
  2. 累計販売数1500部突破!有料記事【ブログに書けない身体調整の全て】
  3. 不定期開催!痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. ドコモへ送信ができないケースが多発しているため、ドコモ以外のアドレス登録をお願いします。
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。

過去のメルマガ

メルマガ登録後に送られてくる挨拶メールにパスワードが書いてあるので、そのパスワードを入力すると閲覧することができます。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス