握力を強くするには?

腕と脚

手に力が入らない
力がすぐに抜けてしまう
握力が弱い

などなど手に力がうまく入らない人がいたりします。

以前そんな相談を何人かに受けて、そのことをツイートして、それを記事にしようと思ってたのに全然できなくて、ようやく書くことができました。笑

このツイートにも書いてありますが、その原因は手や腕の筋力が無いからってだけではないんですね。

原因として多いのは〝脇の締まりが無い〟こと。

僕がみてる限り、これが一番多いです。

※今回の記事で書いてる握力とは、数値的な握力ではありませんので、その事を踏まえたうえで読み進めてくださいね。

握力を強くするポイントは脇

手をしっかりと握れる人は、筋力がある事もそうですが、もう一つは脇に締まりがあります。

もう少し具体的に言うと、脇の前鋸筋がうまく働いてるって事です。

前鋸筋は腕と体幹を繋ぐ交差点。

前腕のインナーマッスル・小指側

腕裏

前鋸筋

脇腹

体幹のインナーマッスル

とまぁこんな感じに繋がっています。

「握力は全身の筋力の指標にもなる」なんて言われますが、個人的には、これはつまり〝腕と体幹と下肢の繋がりがあるのかどうか〟という事なんじゃないかなーと思っています。

濃い繋がりがあれば力強く手を握れる
繋がりが薄いと手の力が弱くなる

といった感じで。

ちなみに僕は数値的な握力は全然ありません。40–43kgくらいです。30代前半の男性の平均が47.5kgぐらいみたいなので、平均以下ですね。

昔筋トレにガッツリハマってた時は握力50kgぐらいあり、それでデッドリフトという種目を100kgでやってたのですが、握力がもたなくて、バーと手を繋げるストラップみたいなのをつけてやってました。

デッドリフト↓

ですが身体の使い方。繋がりを知って、訓練を積んでから同じ100kgでやった時は、ストラップ無しでできたんですよね。

筋トレガッツリやってた時より筋力や体重、数値的な握力は落ちてたのに、その当時より重い重さを持てたという。

これはつまり数値的な握力は低くても、身体の繋がりさえしっかりしていれば、力強く握れるという事ですよね。

なので手にうまく力が入らない人や力が抜けやすい人は、この繋がりをしっかり作るのが良いのではないのかと思います。

脇の意識を高めて握力を強くする

ではどうやって脇の意識を高めて握力を強くするのか。

その方法の一つが、「手〜肘〜脇を繋ぐワーク」ですね。

【握力を強くするポイントは脇】でも書いたように、脇は前腕のインナーマッスル・小指側、腕裏と繋がりがあるので、それら全ての部位に刺激を入れて手から脇までを繋げていきます。

Before&Afterでその変化を体感していただきたいので、まずは今の状態を確認するために、拳をギュッと握って、今の力の入れやすさを覚えておきましょう。

それを覚えたら「手〜肘〜脇を繋ぐワーク」をおこないます。

これは動画で説明してるので、これを見ながらやってみてください。

やり終わったら、再度拳をギュッと握ってみましょう。

いかがでしょうか?先ほどより力強く握れてると思います。

このように脇は握力と深い関係にあるんですよねー!

これは僕のように華奢で非力な人にもオススメなので、ぜひ試しみてください!

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10・11月に書籍を3冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch
  3. 書籍第三弾【10秒さすり】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

  • ブログの動画バージョン
  • ツイッター動画のまとめ
  • 最新の身体情報
を配信してます。 チャンネル登録よろしくです! →https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス