【股関節の位置わかってる?】認識の違いが股関節を硬くする

股関節

あなたは股関節がどこにあるのかわかりますか?

もしわかれば触ってみてください。

触れましたか?

もしかしたら、今触ってる場所はお尻の外側にある骨の出っ張りではないでしょうか?

実はそこは股関節ではないのです、、、

そこを股関節だと思っている方は沢山います。
そう思ってなくても、無意識に脳が股関節の位置をそこだと間違えてる方も沢山います。

そしてその間違えが、股関節の動きを悪くする原因の一つでもあるのです。

そこは股関節ではなく大転子

お尻の外側にある骨の出っ張り。
これは大腿骨で、その出っ張りの部分を大転子(だいてんし)と呼びます。

ここを股関節だと思っている(意識的・無意識的にも)方が多く、ここが股関節だと認識していると、大転子から足を動かすように歩いたり走ったりしてしまうのです。

すると使ってしまうのが大転子付近の筋肉。
大腿筋膜張筋腸脛靭帯中殿筋外側広筋です。

これらの筋肉は足の外側にある筋肉なので、ここを使うと体が外にブレてしまったり、歩くとお尻をフルような歩き方になってしまいます。
すると股関節が硬くなり、詰まりを起こしたり、近くにある膝や腰にも大きな負担をかけてしまうのです。

なので、

  • 股関節を柔らかくしたい!
  • 使えるようになりたい!
  • 膝や腰の痛みを解消したい!

という方は、股関節の正しい位置をしっかり認識する必要があります。

股関節の正しい位置

股関節は大転子よりももっと奥の少し上の方。
横から見ると、骨盤の前とお尻の間で真ん中あたり。

前から見ると、コマネチラインの真ん中で、太ももの真ん中くらいの位置にあります。

動画でも説明してるので、こちらも参考までに!

なので正直、表面からは認識しづらい場所にあるんですよね、、、
まぁだから間違えやすく、うまく使えないのですが、

でも逆を言えば、そんな認識しづらい関節だからこそ、しっかり認識して股関節を柔らかく動かす事ができるようになれば、
他の人とは比べ物にならないほどキレキレの動きができたり、股関節や膝、腰などの関節を痛める可能性をグッと抑えることができますよね。

実際、先日パーソナルセッションで股関節についてお話しした生徒さんも、股関節の正しい位置とワークをやったら、あぐらがかきやすくなり、左右差がほとんどなくなりましたし、
セルフケアサロンの生徒さんも、レッスン内での質問コーナーで股関節についてお話しして、そこで紹介したワークをやったら、歩きやすくなり、疲れづらくなったみたいです。

このように認識を変えると、結構変化があるんですよね!

コマネチラインの真ん中を触るのはそういった意味もある

なので、僕のSNSやYouTube、ブログや本では、股関節の意識を高めるときは「コマネチラインの真ん中を触って〜」と言う事が多いですが、あれにはそういった意味合いもあるのです。

ということで、股関節の正しい位置がしっかり認識できたら、それを頭の中にたたみ込んで、股関節の動きを三次元的にイメージしながら股関節ワークをやってみましょう!

最初は難しいと思いますが、それができるとワークの精度と効果が格段に上がるので、ぜひやってみてくださいね!

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニング

施術や運動指導は、JR立川駅から徒歩5分のところにある「SPTパーソナルトレーニングサロン」で行っています。

完全予約制、完全オーダーメイドのプライベートサロンです。

初回料金は20%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

会員数が200名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

SNS、YouTube

フォローはお気軽に!

YouTube

Twitter

Instagram

Facebook

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas