【ひざ痛】ニーインの原因は裏ももが使えないから!中殿筋を鍛えても意味が無い

歩く時や走る時。
トレーニングで言えば、スクワットやランジの時など、
ひざが内側に入ってしまう「ニーイン」

この動きをやり続けると、場合によっては膝を痛めてしまう事があるので、なんとか解消したいですね。

そしてこれの原因はよく

お尻の外側にある「中殿筋が使えてないから」
と言われますが、実は中殿筋が使えないのにも原因があります。

それは裏ももの外側を使いすぎて、内側が使えていないからです。

なのでそのバランスさえ整えば、中殿筋も使えてくるんですよね!

なぜニーインの原因は中殿筋の弱さと言われるのか?

こうやって膝が内側に入る時、大腿骨は内側に捻れています。
これを関節で言うと、股関節の内旋ですね。

股関節が意図してではなく内旋される時は、それを制御する股関節を外旋させる中殿筋が使えてないとも言えるので、
ニーインの原因は「中殿筋が使えてないから」と言われるのです。

だからニーイン防止のトレーニングとして、中殿筋トレーニングがあげられます。

ですがこの中殿筋が使えないのは、別の原因かあったりするのです。

それが冒頭にも書いた、裏ももの外側の使いすぎですね。

中殿筋が使えないのは、裏ももの外側の使いすぎ

ニーインになってしまう人のほとんどは、そもそも膝が内側に入りやすいような歪み方をしています。

大腿骨に対してスネが外側に捻れてる状態です。

具体的に言うと、
お皿に対してスネが親指1本分以上ズレている状態。これは結構歪んでるかなと思います。(主観ですが)

そしてこの状態を作っているのが、裏ももの外側にある大腿二頭筋。

大腿二頭筋はスネを外側に捻る働きがあるので、ここが緊張して固まると、このような歪み方になります。

この状態で膝を曲げたら、、、
どう頑張っても膝は内側に入ってしまいますよね。

なのでそれを解消しようと、中殿筋トレーニングをやっても、そもそもの歪みを解消しない限り、中殿筋はキチンと使えないので、
個人的に中殿筋トレーニングだけをやってもあまり意味ないかなーと思っています。

スネの外側の捻れを解消するのは、裏ももの内側

そのため、ニーイン解消には、スネの外側の捻れを解消する必要があるのですか、
それをするために必要なのが裏ももの内側にある半腱様筋、半膜様筋を使えるようにする事。

この2つの筋肉は、スネを内側に捻る働きがあるので、ここが使えると膝の歪みが解消されて、ニーインを防ぐ事ができます。

なのでもし中殿筋トレーニングをやるなら、半腱様筋、半膜様筋を鍛えるのありきで、やるのがベストかなと思います。

ニーインを防ぐワーク

以上を踏まえた上で、ニーインを防ぐためのワークを紹介します。

このやり方は、昨日更新したYouTubeで紹介してるので、
膝痛めてる人や、スクワットやランジで膝が内側に入ってしまう人は、是非やってみて下さいねー!

 

P.S.このような身体の正しい使い方や関節の調整方法などを、
週1回、オンラインでレッスンをしています。

次回は8/2日の19時〜8/5水の18時59分まで募集をするので、ご興味ある方は今のうちに内容をチェックしてくださいねー!
ちなみに定員は増枠して200名で、残り50名で定員になります。
定員に達したら、その時点で募集終了になりますので、よろしくお願いします。

https://mosh.jp/classes/page/9021

※毎月募集してますが、自分1人で対応できる限界の人数までになったら、増枠しての募集をやめます。なのでご興味ある方は早めに申し込んでくださいね!

年間1500セッション!東京立川で行ってる施術・運動指導

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

参加者が150名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas