膝が痛い、、、7つの部位をほぐせば軽くなる!

セルフケアサロン

おはようございます!セルフケアサロンのレッスンで、いつもより長い約90分ぶっ通しでしゃべって、声が掠れた柴です。

いつもは、
15分質問コーナー
45分レッスン
10-15分質問コーナー

の合計75分程度のレッスンをしてるのですが、
一昨日はレッスン内容がボリューミーで、いつもより長い約90分のレッスンとなりました。

合間に水飲んでましたが、でもずっと喋ると少し掠れますね。

まぁ帰る途中には治ってましたが。笑

さてさて、何故こんなにもボリューミーになったのかというと、それは膝調整のレッスンで、まぁ結構丁寧にやったからです。

ほぐす場所にある筋肉ややり方の説明を細かく話したので、ちょっと時間がかかってしまいました。

でもその甲斐あって、皆さん結構変わったみたいなので良かったです(^^)

では一体どこをほぐしていったのか?

それはこの7つの部位ですね!

7つの部位をほぐすと膝が軽くなる

  • 腸脛靭帯
  • 大腿二頭筋
  • 外側広筋
  • 大腿直筋
  • 内側広筋
  • 鵞足
  • 膝蓋下脂肪体

この7つの部位をほぐしていきました。

何故これらの部位をほぐした方が良いのか、解説しますね。

腸脛靭帯

腸脛靭帯は有名ですよね。

腸脛靭帯炎で膝を痛める方が多くいるため、何となく名前は知ってるという方もいると思います。

そんな腸脛靭帯ですが、ここが固まると、
膝を内側に入れてしまう、いわゆるニーインを作ってしまいます。

こうなると膝痛めやすくなりますよねー。

大腿二頭筋

この筋肉はスネを外に捻ります。

スネが外に捻られると、先程のニーインを更に強めてしまうので、この辺もしっかり緩めなければならない場所です。

外側広筋

外側広筋の上に腸脛靭帯があるので、外側広筋が固まると、腸脛靭帯も固まり、膝を内側に入れてしまいます。

大腿直筋

ここが固まると、お皿が上に引っ張られ、膝関節や股関節の動きが悪くなります。

内側広筋

ここはしっかり使いたい筋肉ですが、使えず固まってる事が多い筋肉なので、ほぐして使いやすい状態にする必要があります。

鵞足

鵞足部にある縫工筋、薄筋、半腱様筋はスネを内側に捻る筋肉で、ニーインを防ぐ筋肉になります。

でもここも使えてない人がとても多く、そのせいで鵞足部が固まってしまい、膝痛になる方がとても多いので、ここもほぐして使えるようになる必要があります。

膝蓋下脂肪体

お皿や靭帯の下には脂肪体があり、ここは痛みを特に感じやすい部位です。

なのでここも柔らかくる必要があるんですねー。

ほぐし方の1つを紹介!

このように7つの部位は、固まるとまるで良い事無いので、
膝痛でお悩みの方や、下半身に変な力が入り、スポーツパフォーマンスがなかなか上がらない方なんかはほぐした方が良いですね。

そのやり方の一部をTwitterに投稿したので、お悩みの方は、まず腸脛靭帯の皮膚はがしをやってみましょう!

まぁ多分ここ痛いと思うので、痛みが強い場合は無理せず。

「気持ち良い〜痛気持ち良い」の範囲で、
30-60秒を週2-3回行ってみて下さい。

それを続けるだけで、膝の動かしやすさが変わりますよ!
試してみてくださいね!

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニング

施術や運動指導は、JR立川駅から徒歩5分のところにある「SPTパーソナルトレーニングサロン」で行っています。

完全予約制、完全オーダーメイドのプライベートサロンです。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

会員数が200名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

SNS、YouTube

フォローはお気軽に!

YouTube

Twitter

Instagram

Facebook

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas