股関節の柔軟性を高めるのにオススメな2つのストレッチ

股関節

オススメだし、個人的に好きという理由で選んだこのストレッチ。

でも本当に気持ち良いし、股関節柔らかくなるんですよ。ちょっとハードだけど。笑

ストレッチ前の準備

いきなりストレッチに入るよりも、ストレッチをする時に意識したい関節に刺激を入れると、そのストレッチの効果を高めることができます。

今回でいえば恥骨の隣。鼠径部(そけいぶ)ですね。

ここには股関節の動きを作る大腰筋があるため、股関節のストレッチ前に鼠径部に刺激を入れておくと、股関節の動きがよくなりストレッチの効果を高めることができるのです。

大腰筋に刺激を入れる手順

  1. 足は腰幅に開き小指側に体重をかけたまま恥骨の隣の鼠径部を触る。
  2. そこを触りお尻を引いて裏ももを伸ばす。
  3. お尻のほっぺの下の坐骨を触りながら身体を起こす。
  4. これを10回繰り返す。

詳細なやり方はこの動画の1分12秒から。

更に詳しいやり方はメルマガ限定動画でご確認ください。この記事内にある股関節/お尻のクロスポイントがそれです。

クロスポイントワーク2019年バージョン

2019.04.01

股関節の柔軟性を高める2つのストレッチ

鼠径部を意識しながら2つのストレッチをおこなっていきます。

トカゲストレッチ

  1. 足を前後に開き、前足の足首90°になる位置に足を置く
  2. そのまま同側の肘を地面に近づけるように身体を沈める。この時鼠径部をしっかり曲げるように意識する
  3. 前足の裏ももが伸びるので、その状態で深呼吸2〜3回行う。

フロッグストレッチ

  1. 四つん這いになり膝を外に開く。
  2. 肘をつき下腹部を地面に近づける。
  3. 鼠径部を曲げるように意識しながらお尻を後ろに引く。
  4. これを5〜10往復行う。

書き終わって思いましたが、2つとも名前が爬虫類ですね。笑(厳密にいえばカエルは両生類ですが)

でもこの爬虫類系ストレッチ、メチャメチャ効果的なので、運動前にやればパフォーマンスアップに。運動後や寝る前にゆっくりやれば筋肉が緩み疲労回復に繋がります。もちろんタイトルどうり股関節の柔軟性もアップします。

ちょっとハードですが効果は抜群なので、是非やってくださいねー!

柴が提供する3つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術と運動指導】の詳細はこちら
  2. 累計販売数1500部突破!有料記事【ブログに書けない身体調整の全て】
  3. 不定期開催!痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. ドコモへ送信ができないケースが多発しているため、ドコモ以外のアドレス登録をお願いします。
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。

過去のメルマガ

メルマガ登録後に送られてくる挨拶メールにパスワードが書いてあるので、そのパスワードを入力すると閲覧することができます。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス