動ける身体を作る2つの要素とは?

身体の使い方

〝動ける身体〟

全員じゃないと思いますが、結構多くの方がこんな身体になりたいのではないでしょうか。

動ける身体を作るにはいくつか要素があるので、本日はその中の2つをご紹介したいと思います。

動ける身体を作る要素①

まず1つは「脳をその気にさせる事」です。

これに関しては以前シェアさせていただいた長野美峰さんの記事に書いてあります。長野さんは心理カウンセラーで、メンタル的なことは私よりも詳しいので是非参考にしてくださいねー!

脳をその気にさせれば身体の動きまで変わる

長野さんのTwitter→https://twitter.com/chigi_ra?lang=ja

そしてもう一つが筋肉に刺激を入れることです。

動ける身体を作る要素②

脳をその気にさせる。つまり脳の設定を変えてしまえば動ける身体に近づきますが、それにプラスして筋肉に刺激を入れると更に効果的です。

長野さんのブログに書いてある通り身体を捻る動きでお話しすると、イメージで身体を捻る角度が広くなりますが、この時どこの筋肉をどのように使うかは人それぞれ違います。

それを更にできるようにするには、身体を捻るときに使うべき筋肉に刺激を入れて、どこを使いながら捻ると良いのかを筋肉自体に教えてあげるのです。

すると、イメージだけだと「脳→筋肉」の一方向だけになりますが、脳+筋肉に刺激を入れると「脳←→筋肉」となり効果が倍増するのです。

脳←→筋肉

ではまず、長野さんの記事の手順の通り「普通に捻る(今の位置に目印)→元に戻してもっと捻れるようにイメージ→捻る」

これを行ってください。

https://miho.counseling1.co.jp/brain/

そして今回はイメージして捻った位置にも印をしてください。

次に以下のワークを行います。

股関節をさする

恥骨の隣の股関節。画像でいうと赤丸の部分を摩擦で熱くなるまでさすってください。

動画だとこれですね。最初にさすっています。

 

脇をさする

脇の下を摩擦で熱くなるまでさすってください。

これも動画の最初の部分。こんな感じでさすってみてください。

では再度捻ってみてください。

いかがでしょうか?イメージで捻った位置よりもう少し遠くまで手を伸ばせたと思います。このように「脳←→筋肉」と両方向になるとより動けるようになるんですねー。

ちなみに股関節は大腰筋と呼ばれる股関節の筋肉に刺激を入れました。

そして脇は前鋸筋

この2つの筋肉は身体を捻る動作はもちろんのこと、その他の動きにも多大なる良い影響与える筋肉なのです。

このようにイメージと筋肉への刺激は、動ける身体に近づくためにとても重要な要素になるので、是非参考にしてくださいねー!

10/17発売!書籍第一弾「10秒ゆるみストレッチ」予約受付開始!

  • 立ち仕事で腰が痛かったり、足が疲れたり。
  • 座り仕事で肩がこったり、浮腫んだり。
  • 疲労で全身が怠かったり、頭痛がしたり。
などなどそんな身体の不調でお悩みの方にオススメの本です!

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7560円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数150名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4320円)

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス