体の不調を引き起こす!辞めた方がいい日常の意識7選

身体の使い方

昨日ツイートしたこの内容

辞めた方がいい日常の意識として

  • 胸を張る意識
  • カカトから足をついて歩く意識
  • 膝を伸ばす意識
  • 脚をギュッと閉じる意識
  • 親指で蹴って歩く意識
  • お腹を凹ます意識
  • 背中を寄せる意識

の7つをあげました。

これに関して、色々コメントいただきプチ反響があったので、何故これらを辞めた方がいいのか?

について詳しく解説していきますね!

辞めた方がいい意識7選

胸を張る意識

姿勢を良くするため。

このために日頃から胸を張る意識をしてる人がいますよね。

でもこれ、ずーっとやってるとしんどくないですか?かなり無理がありますよね。

それは筋力がないからとかそういう事ではなくて、そもそも胸を張った姿勢自体が無理があるのです。

何故なら、人間は元々胸が丸まっているから。

解剖学の画像でみるとこんな感じです

このように胸の反対側にある背骨は丸まってますよね?だから元々丸まってて当たり前なのに、それを無視して胸張って背骨反ってたら、そりゃしんどいですよ。

そしてそれをやり続けた結果、肩・腰・背中を痛めたり、呼吸が浅くなって自律神経が乱れたり、、、

何もいい事はありません。

胸を張る姿勢はダメ!身体にとって良い姿勢とは?

2018.08.24

カカトから足をついて歩く意識

人間は確かにカカトから足をついて歩きます。

でもそれは元々できるものなので、それをわざわざ意識してやると逆にぎこちない動きになってしまうのです。

例えばこの動画

Aがつま先あげて足上げと下腹部トレーニングしてて
Bは逆に力抜いて足上げと下腹部トレーニングしてます

これは実際やってみるとわかると思いますが、つま先あげると、股関節の動き悪くなって、下腹部トレーニングは太ももに無駄な力が入ってしまいます。

カカトから足をついて歩く意識をしてると、これと同じことが起きます。

カカトからつく意識=つま先を上げる

なので、それで歩くと股関節の動きが悪くなるので、足は上がらなくなり、太ももに力が入るため、歩いててもすぐに疲れる。そしてしまいには太もも使いすぎて脚が太くなる。

そんな感じになってしまいます。

もう何もいい事はないですよね。

「カカトから着いて歩く!」という意識をしてはいけない理由

2019.02.08

膝を伸ばす意識

これ意外と多いんですよ。

膝はピンと伸びてなくて大丈夫ですからね!?

それやると太もも力入って太くなるし、膝が棒みたいになって固まるので、それで歩いたりしたら膝を痛めるリスクがかなり高くなります。

更に重心が前に行くため、つま先に乗りやすくなり、その影響でスネやフクラハギがパンパンになり太くなったり浮腫みやすくなったり

なのでこれも辞めた方がいいですねー。

立ち仕事で足が疲れない3つのポイント

2019.04.06

脚をギュッと閉じる意識

これは女性に多いかなと思います。

ただこれもやり過ぎはよくなくて、やり過ぎると膝を内側に入れる癖がついてしまうので、するとx脚になったり、
親指に負担をかけるため、外反母趾になったり。

その時はよくても、これを繰り返し行ってると、こういった歪みを引き起こす可能性があるので、辞めた方がいいですね。

親指で蹴って歩く意識

確かに歩く時は最終的には親指で蹴ってますが、それは結果そうなってるだけなので、意識すると必要以上に力が入り、土踏まずを潰しやすくなります。

すると扁平足や外反母趾を引き起こしたり、足に力が入るため足が太くなったり。後フクラハギとかがつりやすくもなりますね。

歩く時・走る時になぜ親指で蹴ってはいけないのか?

2019.10.20

お腹を凹ます意識

これも女性が多いのではないかなーと思います。

お腹凹ます意識をすると、確かにお腹に力が入って凹みそうなイメージがありますが、正直個人的にはあまり効果がないように思えます。

むしろお腹をガチガチに固めてしまうので、血流が悪くなり逆に凹まなかったり。

後、腰や背中にも負担かけて、痛めたりするので、デメリットの方が大きいかなと。

ドローインをしない方がいいと思う2つの理由

2019.01.30

背中を寄せる意識

これは胸を張る意識とも似てますね。

胸周りの背骨は丸まってるため、無理に背中を寄せようとすると肩腰背中を痛めたり、呼吸が浅くなって自律神経が乱れたりします。

猫背解消のために肩甲骨を寄せるとかマジで無意味!むしろ逆効果!指導してる人は直ちにやめよ!

2019.02.04

今日から辞めよう!

こんな感じで、この7つのやりがちな意識は、今日から辞める意識に変えてください!

もう考えるの辞めましょう。

その方がもっと楽で快適になりますよ。

書籍情報

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

簡単にできる

・ストレッチ
・マッサージ
・皮下脂肪はがし

などを配信しています。チャンネル登録よろしくです↓

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas