効果抜群!手首が痛い時は、手首の凹みを押せ!

手首肘

手首の親指側にあるくぼみ。ここを押して手首の痛みが軽減した人が続出しました!


手首に痛みがあったり、手や指にこわばりがある人は手を特に使う事をしている。

デスクワーカー、絵や字を書くことが多い仕事、家事や育児などなど。

そしてそういった方は指の中でも力が入りやすいうえに使いやすい指である親指を一番使っているため、親指に関係する筋肉が特に固まっている。

この親指に関係する筋肉がね。

固まるとやっかいで。

ここが固まると前腕の骨を歪ませちゃうんですよ。

その歪みをこのツイートでご紹介したワークで解決できちゃうのです!

どのように歪むのか?

前腕には2本の骨があり、その中でも親指側の骨はとてもズレやすいです。

何故なら小指側の骨と違って別の骨にハマってないから。

小指側の骨はご覧の通り上腕の骨にハマって肘関節を形成しています。ですが親指側の骨は靱帯で固定されてますが、骨にはハマってないため安定性が低くとても歪みやすいのです。

そして更に冒頭でも書いたように親指側の筋肉は固まりやすく、この筋肉は前腕の親指側の骨と繋がってるため、固まるとこの骨を前に引っ張ってしまうのです。すると手首の関節に詰まりを起こし、手首の痛みや、手指のこわばりを引き起こしてしまいます。

これを解決するのに、ツイートしたワークがとても効果的なのです!

骨の歪みを調整するワーク

手首の親指側にこのようなくぼみがあると思います。

ここには前腕の親指側の骨があり、ここに指を引っ掛けて骨を手前に押し込むように力を加えると、前に飛び出した骨が元の位置に収まって歪みが調整されるため、手首の動きがスムーズになるのです。

お悩みの方は空き時間にやってみてください!

このワークは場所を選ばずどこでもできるので隙間時間に是非やってみてください!

これで手首の痛みや手指のこわばりとオサラバしましょー!

柴が提供する3つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術と運動指導】の詳細はこちら
  2. 累計販売数1500部突破!有料記事【ブログに書けない身体調整の全て】
  3. 不定期開催!痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. ドコモへ送信ができないケースが多発しているため、ドコモ以外のアドレス登録をお願いします。
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。

過去のメルマガ

メルマガ登録後に送られてくる挨拶メールにパスワードが書いてあるので、そのパスワードを入力すると閲覧することができます。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス