謹賀新年。三が日はストレッチをした方がいい理由

ストレッチ

2017年の年末は、本棚壊し、網戸を下の階に落とし、何故かテレビが受信できませんでしたが、

2018年の年末は、食あたりにあい、ずっと寝てる始末。でもだいぶ回復して、全ての厄を2018年に置いてきた感じの柴です。

新年明けましておめでとうとございます(^^)

旧年は大変お世話になりました。今年も楽しく身体についての情報発信をしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

食あたりは落ち着き、厄は置いてきたんでね。そのおかげで、2019年の運気は安泰です。(ということにしてます。)

さて。新年1発目のブログですが、特別なことをするわけでもなく、普通に記事を書いたので、お時間あれば読んでみてください。

ではいきなりですが皆さん!三が日をどう過ごす予定ですか?

お節料理を食べて、初詣に行って、テレビを見て。などなどゆっくり過ごされる方が多いのではないかと思います。

ただ、そんなゆっくり過ごす中に、できれば数分でいいので、ストレッチを入れて欲しいのです。

年末年始は身体が鈍る

年末年始でほとんどの人が30日〜3日までの5日間がお休みなのではないかと思いますが、そんなに休みが続くと身体が鈍ってきますよね(^^;;

この身体が鈍った状態というのは、筋肉に力が入らなくなり、更にはやる気まで出なくなってしまうのです。

スポーツをしている、もしくはしていた人は経験があると思いますが、やる気が出ない時に、例えば筋トレしても力が出なくて、重りがあがらないですよね?

ランニングをしてる人は、いつものように走れなかったり。

その他、やっている競技特有の動きも、いつものようにできなかったりします。

このように身体が鈍ると、「筋肉に力が入らない+やる気が出ない」状態になるため、
この状態のまま三が日を過ぎて、いつもの生活に戻ると、いつものような運動・仕事・家事・育児ができなくなってしまうのです。

これを解決するために、手軽にできるのがストレッチです。

ストレッチでやる気が出る

「心と体は繋がってる」なんてよく言いますが、身体が鈍ってる状態は、まさにその繋がりを表してます。

やる気が出ないから筋肉に力が入らないし、
筋肉に力が入らないからやる気が出ないのです。

なので、やる気が出るようにするには、筋肉に力が入る状態を作ってあげれば良くて、それを簡単に作る事ができるのがストレッチなんです。

筋肉に力が入らないのは、年末年始は、いつもの生活より活動量が少ないから。ようは筋肉にかかる負担が減っているからです。

筋肉にかかる負担が減れば、筋肉は、その軽くなった負担に適応しようとするので、今までよりも筋出力を落とそうとします。

それが「力が入らない」と感じる状態になるわけです。

そうならないためにも、軽い運動として、ストレッチをするだけで、筋出力を落とさずにすみ、更にはその影響で、やる気も落とさずにすむのです。

身体の鈍りを解消するストレッチ方法

やる気を落とさないようにするために、以下のストレッチをおこなっていきましょう。

クロスポイント(以下CP)

CPとはインナーマッスルの機能を高めるツボみたいなもの。

狙った部位をしっかり伸ばすには、関節の動きをスムーズにする働きがあるインナーマッスルは欠かす事ができません。

特に重要なのが、脇・みぞおち/背中・股関節/お尻なので、この3種類のCPワークをおこなっていきましょう。↓

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細な刺激方法は【LINE@登録者限定動画】でご確認ください↓

クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

CPワークが終了したら、そこを使いながら、ストレッチをおこなっていきます。

裏ももストレッチ

  1. 足を前後に開く。
  2. 前足の股関節のCPを触って、股関節を後ろに引き、身体を真正面に向ける。
  3. みぞおちのCPも触って、みぞおちから丸め込むような感じで身体を前に倒す。
  4. 前に倒れたら、股関節のCPとみぞおちのCPから手を離し、両手を地面に近づけて、裏ももを伸ばす。
  5. これを10〜20秒キープする。

太ももストレッチ

  1. 足を前後に開き、後ろの膝を地面につける。
  2. 腰に手を当てて、身体を前にスライドさせる。この時、もし触れたら、腰ではなく後ろ足のお尻のCPを触る。
  3. そこから更に、後ろ足の膝を曲げて足首を持ち、太もも全体を伸ばしていく。
  4. バランスが取りづらい人は、壁に触れながらおこなう。
  5. この状態のまま10〜20秒キープする。

脇腹ストレッチ

  1. 横向きで寝転がり、みぞおちの力を抜きながら丸める。
  2. 上の膝を手の甲か肘で抑えながら、反対の腕を大きく広げる。この時、脇のCPを意識する。
  3. この状態で深呼吸10回おこなう。

まとめ

三が日は、せめてこれだけやってください。

すると、通常の生活に戻った時に、瞬時にスイッチを切り替える事ができます。

お時間ある時に是非やってみてくださいねー!

【本日の記事のまとめ】

  • 身体が鈍ってると、「力が入らなくなる+やる気が出ない」状態になる。
  • その原因は、年末年始は活動量が低下するため、筋肉にかかる負担が減り、筋出力が下がるから。
  • 三が日が終了して、やる気がある状態で通常の生活に戻るには、ストレッチをして、筋出力を下げないようにする。
  • 三が日は、クロスポイントと、それを使ったストレッチをおこなうこと。

柴が提供する3つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術と運動指導】の詳細はこちら
  2. 累計販売数1500部突破!有料記事【ブログに書けない身体調整の全て】
  3. 不定期開催!痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. ドコモへ送信ができないケースが多発しているため、ドコモ以外のアドレス登録をお願いします。
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。

過去のメルマガ

メルマガ登録後に送られてくる挨拶メールにパスワードが書いてあるので、そのパスワードを入力すると閲覧することができます。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス