中殿筋が膝の痛みを引き起こす

歩行時の左右のブレや、片足バランスを安定させる中殿筋

その機能は、日常生活はもちろんのこと、スポーツのパフォーマンスにも大きな影響を与えます。

そんな重要な中殿筋ですが、実は固まりすぎると膝痛を引き起こす可能性があります。

中殿筋と膝痛にどのような関係があるのか。解説していきましょう。

中殿筋の基礎解剖学

中殿筋の起止停止

起始停止とは筋肉が付着している場所のことを言います。

中殿筋の起始は腸骨の上あたりで、停止は股関節の外側の出っ張りの大転子に付着しています。

中殿筋の主な働き

主な働きは脚を外に開く動き(股関節の外転)。

そして中殿筋の前側の筋繊維は股関節を内側に捻り(内旋)、後側の筋繊維は股関節を外側に捻る(外旋)時に機能すると言われています。

中殿筋と膝痛の関係

O脚に繋がる

脚はもともと真っ直ぐではなく、スネの骨(脛骨)に対して、太ももの骨(大腿骨)が斜め外側に傾いて付いています。

その角度は、170°〜175°です。

これに対して、中殿筋が過剰に働くと大腿骨が外に引っ張られ、脚が開いてしまいます。

これが酷くなるとO脚に繋がり、大腿骨と脛骨のラインが崩れてしまい、膝関節に大きな負担をかけてしまいます。

膝関節と繋がっている

中殿筋の隣には大腿筋膜張筋があります。

この大腿筋膜張筋は、大転子あたりから腸脛靭帯に移り、腸脛靭帯は膝関節の外側に付着しています。

そのため、中殿筋が固まると

中殿筋

大腿筋膜張筋/腸脛靭帯

膝関節

と繋がり、膝関節に影響を与えます。

ちなみに、このラインが固まることで引き起こされるのが、以前記事に書いた腸脛靭帯炎です。

腸脛靭帯炎による膝の痛みを改善する方法【 自宅で出来るお勧めリハビリ運動6選】

2018.06.19

これらを予防改善するには、中殿筋をゆるめることが効果的です。

ですが、中殿筋はお尻の外側にあるため、直接はとてもほぐしづらいです。

そのため、繋がりのあるわきの下をほぐすことで、間接的に中殿筋をゆるめていきます。

中殿筋をゆるめるには、わきの下をほぐすのが効果的

中殿筋はお尻のほっぺの大殿筋と繋がりがあり、大殿筋は反対側にある背中の広背筋と繋がっています。

広背筋は、背骨から、わきの下を通って腕に付着しているため、わきの下と中殿筋は間接的に繋がっているのです。

そのため、わきの下をほぐすことで、中殿筋をゆるめることができます。

ですが、ただゆるめるだけだと、固さがすぐに戻ってしまいます。

それを防ぐためには、内転筋群の機能を高めることが必要です。

内転筋群を鍛えると、中殿筋を柔らかくしたままキープできる

中殿筋が固まる理由は、負担を中殿筋にかけすぎることが原因です。これを解決するには、負担を他の筋肉に分散する必要があります。

それが太ももの内側にある内転筋群です。

中殿筋は脚を外に開く働きがありますが、内転筋群は脚を閉じる働きがあります。

そのため、内転筋群が機能すると中殿筋とのバランスがとれるため、O脚などの変形を防ぎ、負担を分散することができます。

中殿筋をゆるめるワーク

Before

ワークを始める前に、今の中殿筋の状態を確認します。

その確認方法は、片足立ちです。

中殿筋と内転筋群のバランスが取れていれば、片足立ちになっても、ふらつきは小さいです。

ですが、中殿筋が固まっていると、内転筋群とのバランスが崩れているため、片足立ちになると足がふらついてしまいます。

片足立ちになり、今のふらつき方や左右差などを確認していきましょう。

わきの下をほぐす

  1. わきのくぼみに親指を当てて、後ろ側に4本の指を当ててわきを摘む。
  2. そのまま腕をおろし、前後に動かしてわきをほぐす。

四股立ち → 足を閉じる

  1. 足を肩幅の2倍に広げ、つま先をハの字にする。
  2. みぞおちを軽く丸めて、骨盤を地面に対して垂直に立てる。
  3. その体勢をキープしたまま、股関節を引いてお尻を下に落とした状態で、内ももを叩く。この時、膝に力が入らないように注意する。
  4. つま先を前に向け、同じように叩く。
  5. これを足を完全に閉じるまでおこなう。

詳細なやり方はLINE@登録者限定動画でご確認ください。

股関節と下肢の機能を高めるワーク

2018.05.19

After

では再度片足立ちをおこなってみてください。

いかがでしょうか?先程より片足立ちがやりやすくなったかと思います。

中殿筋と内転筋群のバランスが整うと、このように安定感がますため、膝痛の予防改善になります。

さらに運動のパフォーマンスアップにも繋がるので、お悩みの方は是非試してみてください。

まとめ

  • 中殿筋が固まると大腿骨が開くため、O脚になりやすい。
  • 中殿筋は腸脛靭帯を介して膝関節と繋がっているため、膝関節に影響を与える。
  • わきの下にある広背筋をゆるめると、繋がりのある反対側の中殿筋をゆるめることができる。
  • 内転筋群を鍛えると、中殿筋とのバランスがとれて、ゆるんだ中殿筋が固まりづらくなる。

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10月に書籍を2冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス