その肩こりや肩の痛み。腕の固さが原因かもしれない。

首肩

人間の身体の中で特に使用頻度が高いのが手指。日常生活でかなりの量を使用します。一度手指を使えない生活をしてみるとわかると思いますが、使えないとかなり不便です。

私は肩を脱臼したことがあるので、脱臼後数日は三角巾で腕を吊っていたため手指を使うことができませんでした。利き腕じゃない左側だったのでまだマシでしたが、やっぱりかなり不便でした。それだけ普段手指を使っているということです。

実は肩こりや肩の痛みに悩まれている方は、普段手指を使いすぎて、手指を動かす筋肉が付着している前腕がガチガチに固まっているケースがとても多いです。

前腕と肩の関係

前腕の固さと肩のコリや痛みは深い関係があります。下記の画像は筋肉の連鎖を表しているんですが、手指の筋肉は全て肩周りに連鎖しているのが見て取れます。

手指はあらゆる場面使用します。日常であれば歯を磨く、箸を持つ、字を書くなど。そして仕事でもデスクワークの方はPCのキーボードを打つ時やマウスを使う時に使用しますし、美容師や料理人などの専門職の人は手指を人一倍使用します。

日常から仕事まで、休むことなく毎日毎日手指を使用していたら、前腕は疲労困憊でガチガチに固まります。そうするとその固さが肩まで伝わり、肩こりを作る僧帽筋(そうぼうきん)や、五十肩などの肩の痛みを作る三角筋もガチガチに固まります。

こんな人が肩こりになる!肩こりの原因となる3つのタイプと解消方法

2018.07.27

五十肩の原因と対策【痛みを緩和させるセルフマッサージ方法】

2018.07.29

セルフケアワーク

前腕ストレッチ①

手のひら側の前腕を伸ばしていきます。

  1. 四つん這いで指を身体の方に向ける。
  2. そのままお尻を後ろに引く。手のひらが浮いたり、肩が上がらないように注意する。


隙間時間におこなう場合は、反対の手を使い伸ばしていきましょう。

前腕ストレッチ②

手の甲側の前腕を伸ばしていきます。

  1. 四つん這いで手の甲を下にして、反対側の手で押さえる。
  2. 肘を外に回転させ、そのままお尻を後ろに引く。手の甲が浮いたり、肩が上がらないように注意する。


こちらも隙間時間におこなう場合は、反対の手を使い伸ばしていきましょう。

最後に

この2種目で肩こりや肩の痛みが緩和されるようだと、手指の使いすぎによる前腕の固さが影響している可能性が高いです。

このストレッチをやってもまだコリや痛みが残っている場合は、プラスαでクロスポイントの手・肘・わき・首をおこなうと、さらに緩和される可能性がありますので、お悩みの方は合わせてお試しください。

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10月に書籍を2冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス