今までディスってごめん、、、大腿四頭筋は使っても良い!

今までブログやSNS等で散々「太ももの表側にある大腿四頭筋を使うな!」的な発言をしてきました。

でも本当は、、、大腿四頭筋使って良いんです!

むしろ使わなくなったら、体の働きがガタ落ちなので、使った方が良い。

今までディスってごめんなさい!

大腿四頭筋を使っても良い

なぜ大腿四頭筋を使うな的な発言をしていたのかというと、それは使い過ぎてる人が圧倒的に多いからです。

例えば立ってる時や、歩いてる時に大腿四頭筋と裏もものハムストリングスを使う割合が5:5で、これが一番スムーズな動きができるという事だとします。(厳密に言えば違うと思いますが)

5:5であれば長時間立っていても大丈夫だし、長い距離歩いても然程疲れないのに、ほとんどの人が大腿四頭筋とハムストリングスを使う割合が6:4。酷い人だと8:2くらいで大腿四頭筋が優位になっているため、大腿四頭筋を過度に使い過ぎているのです。

大腿四頭筋は元々力は強いけど持久力がないため、このような使い方をしているとすぐにバテて疲れてしまいガチガチに固まってしまいます。

すると大腿四頭筋と関係する膝や股関節。繋がりのある筋肉を介して、足首や腰・肩・首と広範囲にわたり影響を及ぼし、その関節の動きを悪くし、場合によっては関節痛を引き起こしてしまいます。

だから使うな的な発言をしていたのです。

でも本当はね。使い過ぎない程度であれば使った方が良いのです。そうでないと立つ事も歩く事も何もできません。

そしてそんな大腿四頭筋の中でも、内側の内側広筋。特にここが使えた方が良いですね。

特に使えた方が良いのは内側広筋

先ほども書いたように、大腿四頭筋を使い過ぎて、ハムストリングスを使えてない人が圧倒的に多いのですが、そんな大腿四頭筋の中でも特に内側広筋を使えると、ハムストリングスが使いやすくなります。

何故かと言うと、内側広筋は内ももの大内転筋を介してハムストリングスと繋がっているからです。

そして大内転筋とハムストリングスはスネや足、体幹のインナーマッスルと繋がりがあります。

インナーマッスルは姿勢保持・関節の安定とスムーズな動きを作る。そんな働きがあるため、普段からなるべくインナーマッスルをメインに使うためにも内側広筋は使えた方が良いですね。

例えば歩行の蹴り出しの時。

大腿四頭筋は膝を伸ばす働きがあるので、この蹴り出す時に大腿四頭筋が働きますが、その中でも特に内側広筋を使えると、大内転筋やハムストリングスも一緒に使って蹴り出す事ができます。

するとインナーマッスルが働くため歩行動作や姿勢が安定して、滑らかな歩きが出来るようになるのです。

大腿四頭筋は悪くない

なので大腿四頭筋は別に悪くないんですね。本当は使った方が良いのに、使い過ぎてる人があまりにも多いため、大腿四頭筋を軽くディスってましたが、バランスよく使えてさえいれば大腿四頭筋も使って良いのです。

その中でも内側広筋は特に大事なので、その使い方や訓練法は、まぁまたその内どこかで。笑

とりあえず今回の内容を頭の片隅にでも入れた状態で普段の生活や運動にはげんでくださいねー!

年間1500セッション!東京立川で行ってる施術・運動指導

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

参加者が150名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas