スネをほぐすと肩の動きがスムーズになる驚きの理由とは?

首肩

おはようございます。柴です。

先週の金曜日に、あるOT(作業療法士)さんから、こんなメッセージをいただきました。

 

View this post on Instagram

 

柴 雅仁@治療家パーソナルトレーナーさん(@pt_shiba)がシェアした投稿

記事に書いた内容が、こうやって現場で生かされるのは、すごく嬉しいことです(^^)

前脛骨筋とはスネにある筋肉です。

ただ、この記事はブログではなく、毎週水曜担当している、体軸コンディショニングスタジオのFacebook記事なので、フォローしてない方はなかなか読む機会がないですよね(^^;;

 

View this post on Instagram

 

柴 雅仁@治療家パーソナルトレーナーさん(@pt_shiba)がシェアした投稿

ということで今回は、そこで書いた記事の内容に少し色を加えて、再度書きなおした記事になります。

肩の痛みや動きの悪さでお悩みの方は是非読んでみてください。

肩の動きが悪い人は背骨が固い

スネと肩。一見関係なさそうな場所ですが、実は筋肉の膜により繋がっているのです。

その繋がりを話す前に、まずは肩の動きが悪い人の特徴についてお話しましょう。

このことは昨日の記事にも書きましたが、肩の動きが悪い人は背骨の動きがとても悪いです。

子どもから学ぶ、首や肩を痛めない身体の使い方とは?

2018.11.04

背骨は首の頚椎・胸の胸椎・腰の腰椎と分かれており、肩の動きが悪い人は、その中でも胸椎の動きが特に悪く、広背筋・菱形筋・板状筋の3つの筋肉が胸椎の動きに制限を掛けています。

これらの筋肉はなぜ固まってしまうのかというと、姿勢や動きの癖が関係しているのですが、その中に「膝に力を入れすぎている」というのがあります。

膝に力が入ると背骨が固くなる

例えば、歩く・走る、立つ・しゃがむなどの日常の動きの時に、膝を使いすぎて力が入っていると背骨が固くなります。

何故なら、膝に力を入れた時に働く大腿四頭筋は、広背筋・菱形筋・板状筋と繋がっているからです。

大腿四頭筋は、外側にある大腿筋膜張筋/腸脛靭帯と繋がりがあり、大腿筋膜張筋/腸脛靭帯はお尻の大殿筋・中殿筋を介して広背筋と繋がりがあります。

そしてさらに別ルートで、大腿筋膜張筋/腸脛靭帯は脇腹の内・外腹斜筋、脇の前鋸筋を介して菱形筋板状筋とも繋がっています。

そのため、大腿四頭筋が使いすぎで固まると、その固さが広背筋・菱形筋・板状筋にも伝わり、胸椎の動きが悪くなるのです。

そして、これをまとめてゆるめるためにほぐすのが、スネの前脛骨筋です。

なぜ前脛骨筋をほぐすのか?

そのまま大腿四頭筋をほぐしても良いのですが、とても大きい筋肉のため、人によってはとてもほぐし辛いです。

ですが、大腿四頭筋や大腿筋膜張筋/腸脛靭帯と繋がりのある前脛骨筋は、大きさ的にも程よく、比較的ほぐしやすい筋肉のため、ここをほぐした方が効率良く広背筋・菱形筋・板状筋をゆるめることができるのです。

そして、そこから股関節の筋肉を機能させると、更に背骨の動きが良くなります。

股関節の筋肉を機能させると更に背骨の動きが良くなる

股関節のインナーマッスルである大腰筋は背骨に付着しており、そこから背骨のインナーマッスルである多裂筋と繋がります。

多裂筋は背骨の動きをスムーズにする筋肉なので、大腰筋の機能が高まると、多裂筋の機能も高まり、背骨の動きがスムーズに。そして、そこから肩の動きもスムーズになります。

肩の動きをスムーズにするワーク

以上の繋がりや関係性から、肩の動きをスムーズにするには、前脛骨筋をほぐすことと、大腰筋から多裂筋の機能を高めることです。

Before

まずは今の肩の状態を確認するために、腕を前後に回して、肩の動きを確認しておきます。

次にワークに入ります。

前脛骨筋ほぐし

スネとスネの外側にある骨の出っ張りの間に前脛骨筋があります。

ここには足三里と呼ばれるツボがあり、そこを指圧しながら足首を動かしてほぐしていきます。

体幹のクロスポイント

クロスポイントとはインナーマッスルの意識を高めるツボみたいなもの。

体幹にあるみぞおち/背中、股関節/お尻のクロスポイントを刺激して、大腰筋から多裂筋の機能を高めていきます。

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細な刺激方法はLINE@登録者限定動画でご確認ください。

クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

After

では、再度腕を前後に回してみましょう。

いかがでしょうか?先程より肩が軽くなり、腕が回しやすくなってると思います。

スネと肩にはこのような繋がりがあるんですねー。

最後に

冒頭でお話したOT(作業療法士)さんは、肩の動きが悪い患者さんに、同じ前脛骨筋ほぐしをおこなった結果、患者さんの肩の動きかスムーズになったのです。

ご紹介したワークは、自宅ですぐできる内容になってるので、肩の痛みや動きの悪さでお悩みの方は、ワークを継続的に実践してください!

すると、肩が徐々に軽くなってきますよ(^O^)

 

 

 

P.S.昨日、今日とご紹介したワークは、一例に過ぎません。しっかり根本原因を見つけ、自分に合ったワークを知りたい!

という方は直接ご相談ください。

↓↓↓

施術や個別指導

柴が提供する3つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術と運動指導】の詳細はこちら
  2. 累計販売数1500部突破!有料記事【ブログに書けない身体調整の全て】
  3. 不定期開催!痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. ドコモへ送信ができないケースが多発しているため、ドコモ以外のアドレス登録をお願いします。
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。

過去のメルマガ

メルマガ登録後に送られてくる挨拶メールにパスワードが書いてあるので、そのパスワードを入力すると閲覧することができます。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス