鼻の通りを良くする3つのツボ

呼吸

おはようございます。柴です。

妻の風邪は治りましたが、周りでは風邪を引いてる方がまだまだいっぱいいます。

そんな中でも、鼻や喉の風邪が特に多い感じがしますかね。

その影響で、「呼吸が苦しい…」と相談を受ける事が増えてきてるので、今回は呼吸の苦しさを緩和するために、鼻の通りを良くするツボを3つご紹介したいと思います。

まず大前提として、これで風邪が治るわけではない

おわかりだと思いますが、風邪の原因はウィルスです。

ウィルスが粘膜から感染して炎症を起こす事で、鼻水が出て鼻詰まりになるので、
風邪を治すには、免疫力を高めて、ウィルスを倒すしかないのです。

免疫力を高める方法は以前記事に書いたので、そちらを参考にしてみてください。

免疫力を高めて風邪対策をしよう

2018.10.26

そのため、あくまでもご紹介するツボは、その場しのぎのためのものです。
ですが、それでも鼻が詰まっている時におこなうと、少し楽になるので、鼻が詰まっている方は3つのツボを刺激してみてください。

鼻詰まりに効く3つのツボ

鼻詰まりに効く3つのツボとは、

睛明(せいめい)・鼻通(びつう)・迎香(げいこう)です。

この3つのツボを以下の手順で刺激していきましょう。

睛明(せいめい)を刺激

睛明は目の一番内側と、鼻の付け根の間にあるくぼみにあります。

ここを中心に向かって押していきましょう。

迎香(げいこう)を刺激

迎香は左右の小鼻のくぼみにあります。

ここを中心に向かって押していきましょう。

鼻通(びつう)を刺激

鼻通は鼻の付け根、迎香よりやや上にあります。

ここを中心に向かって押していきましょう。

刺激し終わったら、更に、鼻を手で温めると、とても効果的なので、その方法についてもご説明します。

鼻を手で温める

刺激した3つのツボ上に手をあてて温めていくのですが、ただあてるだけだと、なかなか温まらないので、
以下の手順で3つのツボに手をあてていきましょう。

  1. 手の平を合わせて、ゆっくりなでる。
  2. すこし温かくなってきたら、片方の手の甲をなでる。
  3. もう反対の手の甲をなでる。
  4. 両手共温かくなっているのを確認する。
  5. その手を、3つのツボの上に優しく乗せて、30秒間温める。

その他の方法

上記でご紹介した内容でも鼻の通りは良くなりますが、それも限界があるので、ツボ刺激以外の方法もご紹介しておきます。

その方法とは、蒸しタオルを鼻の上に乗せるのと加湿器です。私はこれが良く効きます。

鼻が詰まる原因の一つに乾燥があります。

この時期は、風邪をひきやすい上に乾燥もしているので、せめて乾燥を防ぐことができると、それだけでも鼻詰まりを軽減することができるので、これもぜひ試してみてください。

まとめ

  • 鼻の通りを良くするツボを刺激しても風邪が治るわけではない。
  • 睛明(せいめい)・鼻通(びつう)・迎香(げいこう)の3つのツボを刺激すると鼻の通りが良くなる。
  • 3つのツボを手で温めると更に効果的。
  • その他にも、蒸しタオルで鼻を温めたり加湿器が効果がある。

お知らせ

公式LINE@

4月から【質問箱 兼 個別連絡用】に移行します!詳細はこちらからご確認ください →https://selfcare-lab.com/e-mail-magazine2

公式メルマガ

4月からこちらから情報発信をしていきます。先行登録はこちらから。

解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス