足の親指がつる理由

足首・足裏

昨日の続き。

※昨日の記事を読んでない人はこちらから読んでみてくださいね。
https://selfcare-lab.com/cramps-3

足の中でもここ最近相談されるのが「足の親指がつる問題」

ここはフクラハギや裏ももと並んで、かなりつりやすい部位ですよね。

なぜ足の親指がつるのか

通常、土踏まずがあるため、足形を取ると足の親指側がえぐれますよね。こんな感じで。

この形からもわかるように、人間の足は小指側が一番地面に着いているのです。

そのため小指側の感覚がかなり重要になるのですが、親指は5本の指の中で最も力が入る指で、尚且つネットやテレビで「歩く時・走る時は親指で蹴る」という情報が流れてるため、それをそのままやってしまい親指に力を入れてる方が多くいます。

このようになると親指側に意識が向きすぎてしまうため、必要以上に親指の筋肉に力を入て、その結果固まって疲労してつってしまうのです。

これを解決するには小指側の感覚を取り戻して、親指側とのバランスを取ることです。

足の親指をつらなくするワーク

小指側の感覚が強くなれば小指側に体重を乗せやすくなり、歩く時や走る時も使えるようになるので、その分親指側にかかる負担を軽減することができます。

ワーク後の変化を確かめるために、まずは足のグーパーをして今の状態を確認していきましょう。親指がつりやすい人はグーパーをするだけで親指側の筋肉がつるような感覚や動きの悪さを感じると思うので、その状態を覚えておいてください。

次に2つのワークを行います。

足の小指側をさする

小指薬指を含み、足の小指側全体を摩擦で熱くなるまでさすっていきます。

足裏を刺激する

足裏にある足のインナーマッスルはアーチを作る筋肉で、ここの働きが高まると足裏全体のバランスが整います。

  1. 指を除いた足裏の真ん中を指圧する。
  2. そこから指を動かすようにグーパーを10回繰り返す。

では再度足のグーパーをしていきましょう。

いかがでしょう?先ほどより動きがようなり、つる感覚も薄くなってると思います。

このように足のバランスを整えてあげると、親指側の筋肉も緩むので、お悩みの方は是非この2つのワークを実践してください!

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10月に書籍を2冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス