【2019/05/04】〈最新動画更新!〉脇を普段使いするための方法

首肩

柴です。

5/1水曜日に割引販売を開始した有料記事「ストレッチはこうやる!効果を最大限引きだす方法と、オススメストレッチ20選」がありがたいことに販売数が300部を突破しました!

ご購入いただいた方ありがとうございます。

通常1000円のところ本日の19時までは800円で販売してるので、

〝ストレッチの効果を高めたい〟という方はお早めにご購入くださいねー!

https://note.mu/masahito_shiba/n/n7490797177da

 

ーーーーーーーーーーーーー

脇を普段使いするための方法

ーーーーーーーーーーーーー

前々回のメルマガで、脇や股関節を日常やスポーツで使えるようになるには、クロスポイントワークにプラスαで脇や股関節を触りながら身体を動かす事というのをお話ししました。

※前々回のメルマガ
https://selfcare-lab.com/20190426-2
パスワード:sclabmovie

ただこの文章だけだと具体的にどんなワークをやったら良いかわからないよなー。なんて思ったので、本日は脇を使いながら身体を動かす方法をご紹介します。

このワークは脇と股関節のクロスポイントがわかってる前提で話してるので、2つのクロスポイントがまだイマイチよくわからないという方は、以下でご確認ください。

・柴が言ってる「クロスポイント」って何?
https://selfcare-lab.com/crosspoint-more-detail

〈股関節/お尻のクロスポイント〉
https://youtu.be/VqF7gkOs6ck

〈脇、首のクロスポイント〉
https://youtu.be/8O6D-fB-XEA

もう知ってるという方はそのまま最新動画を確認してくださいね。

このワーク。脇を触ってませんが、正しくできると終わった後脇を使った感がしっかり残るので、是非お試しください。

〈脇を普段使いするための方法〉
https://youtu.be/2Jcgsat9QHg

 

次回、「股関節を普段使いするための方法」の動画を送るので楽しみにしててくださいねー!

 

 

ご質問はお気軽に!

このまま返信すると僕だけに届きます。

 

 

 

================================

・横浜鶴見・蒲田でおこなってる対面セッションの詳細はこちら

https://selfcare-lab.com/initial-experience

・オンラインセッションの詳細はこちら

https://selfcare-lab.com/online-session

・累計販売数900部突破!有料記事【ブログには書けない身体調整の全て】

https://note.mu/masahito_shiba

================================

【発行者情報】

柴雅仁

●所在地と連絡先

https://selfcare-lab.com/japanese-commercial-code

●ブログ

https://selfcare-lab.com/

================================

■メルマガの配信停止はこちらから

https://selfcare-lab.com/r/d.php?t=test&m=pt-ms%40selfcare-lab.com

■メールアドレスの変更はこちらから

https://selfcare-lab.com/r/stepmail/edit.php?no=xmecek

年間1500セッション!東京立川で行ってる施術・運動指導

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

参加者が150名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas