【良い姿勢と悪い姿勢】の違いとは?

姿勢

こんにちは!柴です。

ここ最近は姿勢について聞かれる頃が多く、家族・友人・職場の人・運動の先生などから

「背中が丸い!」
「もっと胸を張って!」
「腰反りすぎ」

など色々なことを言われて、

「何が良い姿勢なのかわからない、、、」

となってる方がとても多いです。

何故このようになってしまうのかというと、それは良い姿勢の基準が曖昧だからです。

この基準がしっかりしてれば、誰から何言われてもブレる事はないですね。

姿勢に対する様々なアドバイス

僕も昔は父親に「ちゃんと胸を張って座りなさい!」と言われたものです。

その他にもフィットネス業界に入ってから、

「耳たぶ・肩峰・大転子が一直線になるのが良い」
「壁に後頭部・背中・お尻・フクラハギがつくのが良い」

とか、もう色々聞きましたね。

このように良い姿勢を具体的に記号化すると、色々な表現になります。

そして運動指導の先生によっても言う事が違ったりして、

例えば、あなたはピラティスとヨガを別の先生から受けていたとします。

ピラティスの先生からは「もう少し腰を丸めて」と言われて、
ヨガの先生からは「もっと胸を張って!」と言われる。

この二つをそのまま受け入れて、普段から両方を意識してると「腰を丸めながら胸を張る」という何とも難しく感じてしまう姿勢になりますよね。

それで何が良いのかわからず混乱してしまう、、、

というのは結構あるあるです。

ここまで色々書いてきましたが、どれも一度は聞いた事ある姿勢に対してのアドバイスですよね。

では何故このような色々なアドバイスがあるのか?
そしてこういったアドバイスを、どのようにして受け取れば良いのか?

その答えは

「アドバイスをしてる人の中に良い姿勢の基準があり、その基準は人によって違う」
「その動作に対するアドバイスであって、普段からそうしろとは言ってない」

の2つですね。

人によって良い姿勢の基準が違う

先程も書いたように、僕も昔は父親に「ちゃんと胸を張って座りなさい!」と言われてました。
弟や妹は言われないのに僕だけ言われるんですよね。

何故そうなのかというと、父親の中に良い姿勢の基準があり、僕だけがそこから外れていたからです。

具体的にどこが基準なのかはわかりませんが、
多分「ここからここまで背中が丸いのはありだけど、ここを超えるとダメ」みたいなのが、父親の中にあるんですよ。

弟や妹は父親のその基準内に収まってたから言われなかったのに、僕はその基準を超えて背中が丸まっていたんでしょうね。
だから僕だけ言われたのだと思います。

そしてこの基準は人によって違います。

あなたの家族と友人の良い姿勢の基準は違うのです。
だから両方から姿勢に対するアドバイスをもらうと、何が良い姿勢なのかわからなくなってしまうのです。

そしてもう一つ、運動指導の先生にも言われたりしますよね。

先程例にあげた、ピラティスとヨガの先生とか。

この2人の先生の中の基準となる良い姿勢も違う可能性がありますし、
もし仮に一致していたとしても、「腰を丸めて」と「胸を張って」は、もしかしたらピラティスやヨガの動作の時の話であって、普段からそうしろとは言っていない可能性もあります。

そこを意識が高すぎるあなたは、普段から意識してしまうため、それで混乱してしまっているのかもしれません。

なのでそれは解決するには、まずここに書いた内容を頭の中にきちんと入れて、認識しておく事が必要です。

そしてもう一つは、自分の中に良い姿勢の明確な基準を作れると良いですね。

良い姿勢の基準を明確にする

何が良い姿勢なのか??

ここが明確になる&体に感覚として落とし込めると、誰から何を言われてもブレずにすみます。

耳たぶ・肩峰・大転子が一直線になるのが良いのか?
壁に後頭部・背中・お尻・フクラハギがつくのが良いのか?

自分の中でそれが明確になると良いですね。

ちなみに僕の中での良い姿勢の基準は、この記事に書いた中には一つもありません。笑

それに関しては過去にブログに書いたので、詳しくは以下を参考にして下さいね。

良い姿勢を作るコツは骨盤底筋にある!

2020.09.14

【楽に立つ!】足が疲れない立ち方とは?

2020.09.28

ここに書いてあるワークはほんの一部ですが、ぜひ試してみて下さい!

 

PS.このような身体の知識や使い方、正しい姿勢の作り方などをオンラインでレッスンしています。
次回募集は6/29火0:00〜7/1金23:00で行うので、ご興味ある方は今の内に詳細をチェックしておいて下さいね。

https://mosh.jp/classes/page/9021

※今まで定員を設けず募集してましたが、一旦270名を定員とする事にします。残り30-40名です。

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニング

施術や運動指導は、JR立川駅から徒歩5分のところにある「SPTパーソナルトレーニングサロン」で行っています。

完全予約制、完全オーダーメイドのプライベートサロンです。

初回料金は20%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

会員数が200名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

SNS、YouTube

フォローはお気軽に!

YouTube

Twitter

Instagram

Facebook

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas