腰痛で悩む人のほとんどが〇関節が使えていない

おはようございます。柴です。

「屈むと腰が痛い…」
「寝起きに必ず腰が張って、すんなり起き上がれない…」

などの腰痛の方に相談を受けた時、動きの確認として、前屈をしてもらうのですが、その時、ほとんどの方がある関節が動かないまま前屈をしています。

その動かない関節とは一体どこなのか?

腰が痛む原因

身体は、前に倒したり、後ろに倒したり。横に倒したり、捻ったりなど様々な方向に動きます。

この時、腰を痛めづらい人は、腰の背骨である腰椎以外の関節も滑らかに動かしているため、負荷を分散できています。

ですが、腰を痛めやすい人ほど、その動きを腰椎を使っておこなっているため、負担が腰に集中して、腰を痛めてしまいます。

では、腰を痛めやすい人は一体どこの関節が使えていないのでしょうか?

腰を痛めやすい人は〇関節の動きが悪い

その関節とは、股関節です。

股関節を上手く使える人ほど、腰椎だけでなく、股関節にも負荷を分散できているため、腰にかかる負担が軽いのですが、
腰を痛めやすい人ほど、股関節がほとんど動いていないため、腰に負担が集中し、痛めてしまいます。

ちなみに下記の画像が腰を痛めやすい人の物を持つときの動き。

ご覧の通り股関節がほとんど曲がっておらず、その分腰を丸めて物を持とうとします。

そしてこれが、股関節を使って物を持つときの動き。

全然違いますよね。

そしてここからさらに、もう一つ別の関節を使えると、より腰を痛めづらくなります。

〇〇を動かせるとより腰を痛めづらい

もう一つ使えた方が良いのは、胸椎です。

腰に負担をかけてしまうのは、結局のところ、その近くにある関節が動かないため、その分の動きを腰椎で補ってるからです。

その動かない関節の一つが、腰椎の下にある股関節。そしてもう一つが、腰椎の上にある胸椎です。

この二つの関節がきちんと機能すれば、腰椎に負担をかけすぎることなく、身体を動かすことができます。

そしてこの理由意外にも、胸椎と股関節を動かせた方が良い理由がもう一つあります。

胸椎と股関節が動けば〇〇筋が機能する

それは、体幹のインナーマッスルである大腰筋が機能するからです。

胸椎の一番下にある胸椎12番と腰椎全てから、股関節をまたいで大腿骨の内側の小転子に大腰筋は付着しています。

そのため、胸椎と股関節が動くと大腰筋が機能するのです。

インナーマッスルは、元々姿勢保持や関節を滑らかに動かす機能があるため、大腰筋が機能すれば、腰を安定させつつ柔らかく動かせるようになるため、腰にかかる負担を大きく軽減させることができます。

そのため、腰を痛めやすい人は、股関節と胸椎を動かせるようになることが必要です。

胸椎と股関節の動きを作るワーク

Before

ワークをおこなう前に、まずは今の動きを確認するために、前屈みになって少し重みのある物を持ってみてください。

その時の腰にかかる負担や腰にどれだけ力が入っているかを確認しておきましょう。

次にワークをおこなっていきます。

体幹のクロスポイント

まずは胸椎と股関節の動きのベース作り、そして大腰筋の意識を高めるために、体幹にあるみぞおち/背中、股関節/お尻のクロスポイントのを刺激します。

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細なやり方はLINE@登録者は限定動画をご確認ください。

クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

ブリッジ

みぞおちの反対側の背骨にあたる、胸椎12番を意識しながらブリッジをしていきます。

胸椎は元々丸まっているためなのか、胸椎を反る動きができない人がとても多いです。

そのため、丸めるのも反るのも両方できるようになるために、ブリッジをおこないます。

難易度:弱

まずは簡単なブリッジからおこないましょう。

  1. みぞおちの反対側の背骨にクッションや枕などを当てて、膝を立てて寝転がる。
  2. 両手を胸の前に伸ばし、息を吸ってバンザイ。吐いて元に戻す。
  3. これを10回繰り返す。

難易度:中

弱に慣れたら、胸椎12番を意識しながら、中もおこなっていきます。

  1. 壁を背にして立つ。
  2. みぞおちの反対側を反って、両手を壁につける。
  3. そのまま深呼吸を10回おこなう。

難易度:強

中にも慣れたら、同じように胸椎12番を意識しながら、強をおこなっていきます。

  1. 膝を立てて足は肩幅、両手は頭の横につけて寝転がる。
  2. 足と腕を使い、みぞおちの反対側を反ってブリッジをする。
  3. その状態で深呼吸を10回おこなう。

詳細はLINE@登録者限定動画をご確認ください。

体幹の機能を高めるワーク

2018.06.22

股関節を曲げたまま身体を動かす

股関節で身体を動かす感覚を作っていきます。

  1. 股関節/お尻のクロスポイントの動きで、股関節を曲げたままにする。
  2. そのままの状態で前後移動をする。
  3. それを2〜3往復おこなったら、次に横移動をおこなう。これも2〜3往復おこなう。

After

では再度、さっき持った物を持ってみてください。

いかがでしょうか?先程より、持ちやすくなり、腰の負担も軽くなっていると思います。

このように、股関節と胸椎を使えると腰の負担が軽減するので、腰痛でお悩みの方は、ご紹介したワークを是非試してみてください。

まとめ

  • 腰を痛めやすい人は、股関節と胸椎が動いていないため、腰に負荷が集中する。
  • 股関節と胸椎が動くと、負担を分散できるだけでなく、体幹のインナーマッスルである大腰筋の機能も高められる。
  • 大腰筋の機能が高まると、腰椎を安定させつつ柔らかく動かすことができるため、腰にかかる負担を大きく軽減させることができる。

柴が提供する3つのサービス

  1. 横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術と運動指導】の詳細はこちら
  2. 【オンラインセッション】の詳細はこちら
  3. 販売数500部突破!有料記事【ブログに書けない身体調整の全て】

公式メルマガ

SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. ドコモへ送信ができないケースが多発しているため、ドコモ以外のアドレス登録をお願いします。
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。

過去のメルマガ

メルマガ登録後に送られてくる挨拶メールにパスワードが書いてあるので、そのパスワードを入力すると閲覧することができます。

ご質問

お身体に関するご質問は以下で詳細をご確認の上 →https://selfcare-lab.com/question からお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス