なぜ足首を動かすと開脚ができるようになるのか?

ストレッチ

以前、足首をパタパタ動かすと開脚がやりやすくなるとツイートしました。

これやるだけでね。開脚時に痛くなりやすい裏ももや内ももが痛くなりにくくなるんですよ。

開脚できない人

開脚ができない人で多いのが、開脚時の裏ももや内ももの痛み。

なぜ痛くなるのかというと、簡単にいうと固いからですね。固いところを無理やり伸ばそうとするから痛むのです。

※詳細は以前書いたのでそちらを参考にしてください。

開脚時になぜ内ももが痛くなってしまうのか?

2018.05.05

なので開脚時にこれらの部位が緩んでれば良いのですが、上記の詳細に書いた記事のワークをやっても変わらない方が中にはいます。

そんな方にオススメなので足首のパタパタです。

足首を動かすと開脚がやりやすくなる理由

開脚しながら足首を動かすとわかると思いますが、動いてるのは足首だけでなく、繋がりのある裏ももや内もも、股関節を経由して体幹まで動いてる感覚があると思います。

このように足首を動かすだけで他の部位まで動くようになるので、開脚時に裏ももや内ももにかかるストレスが分散されるんですよね。

そのため痛みが軽減し、開脚ができるようになるのです。

開脚ができるようになりたい方は試してみよう!

手順としては

  1. 開脚していけるところまで身体を前に倒す。
  2. 裏ももや内ももが痛くなるので、そこで足首を前後にパタパタする。
  3. 裏ももや内ももの痛みが軽減してきたら再度身体を前に倒して、足首をパタパタする。
  4. これを何度も繰り返しおこなう。

こんな感じです。

多分どこかで限界がくると思いますが、いけるところまではこれでやってみてください!

開脚ができるようになりたい方はご参考までにー!

年間1500セッション!東京立川で行ってる施術・運動指導

「治療+運動」のSHIBA式パーソナルトレーニングは、JR立川駅から徒歩3分のところにあるレンタルサロンで行っています。

初回料金は50%OFF
その他にも特典があります。

詳細は専用ホームページをご確認ください。

https://www.spt-shiba.com/reservation

楽に動ける身体を作る!週1オンラインレッスン

参加者が150名を突破した、週1オンラインレッスン「セルフケアサロン 」。

関節の調整方法や正しい身体の使い方をお伝えしています。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://mosh.jp/classes/page/9021

解剖学画像の引用元

ビジブル・ボディの提供による画像

VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス
https://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas