効率よくストレッチをおこなうには?【ストレッチの基礎】

ストレッチ

インナーマッスルの時と同じ。まずそもそも

「ストレッチとは何なのか?」
「どうやってストレッチをやるのか?」

という基礎的なところを書いてなかったので、今回はストレッチの基礎についてお話します。

そもそもインナーマッスルって何?【インナーマッスルの特徴と機能を高める方法】

2018.08.20

ストレッチとは?

ストレッチを調べると

ゆっくりと筋肉を伸ばし、抵抗を感じたところで静止させる行為。血行改善および筋肉、心臓、脳への血流の促進によって柔軟性を高め、ストレスを軽減させるためのもの。

引用元:スパ用語集

と書かれています。

これを簡単に説明すると、ストレッチとは「縮こまった筋肉を伸ばすこと。伸ばすことにより筋肉がゆるんで、血流促進や柔軟性の向上に繋がる」といった感じです。

血流が良くなることで筋肉のコリや痛みの緩和に繋がりますし、柔軟性が向上することにより歩く・階段の上り下りなどの日常生活動作が楽になります。そして、スポーツをしている人は、可動域が広がるためパフォーマンスアップに繋がります。

つまり、ストレッチはスポーツをしている人がやるものではなく、全ての人がやった方が良いものなのです。

やり方を間違えると逆効果

ストレッチは血流もよくなるし、柔軟性が向上するので、良い事づくしなんですが、やり方を間違えると筋肉を固めてしまい、逆効果になってしまうことがあります。

例えば、身体が固い人は筋肉に力を入れやすく、ストレッチをやっても力でやってしまうので、一向にゆるみません。むしろ固めてしまいます。そのため、肩こりをとろうと思ってストレッチをやっても、逆に肩がこってしまったり、腰痛を改善しようとストレッチをやっても、逆に痛みが増してしまったりすることがあります。

効果を出すには力を抜くことが必要です。

どうやって力を抜くのか?

では具体的にどうやって力を抜くのか。それはインナーマッスルを優位に機能させることです。

人間の身体には大きく分けて2種類の筋肉が存在します。アウターマッスルとインナーマッスルです。

アウターマッスルは身体の表面上にある筋肉で、主に大きな力を発揮する時に使われます。それ対し、インナーマッスルは身体の中にある、骨に最も近い筋肉で、主に関節を安定させたり、滑らかな動きを作ったりします。

通常であればこの2種類の筋肉はバランス良く機能します。

例えば地面にある重い荷物を持つ時は、アウターマッスルを機能させることで重い荷物を持つことができますし、インナーマッスルを機能させることで、関節を安定させることができます。その結果、腰を痛めることなくスムーズに重い荷物を持つことが出来るのです。

ですが、このバランスが崩れて、アウターマッスルが優位になり、インナーマッスルの機能が落ちてしまうことがあります。

この状態になるとインナーマッスルは機能しないため、止まったまま固まります。そしてアウターマッスルはインナーマッスルが仕事をしない分、余計に働かなくてはいけなくなるため、疲労困憊になりガチガチに固まります。その結果全身ガチガチに固まった身体になるのです。

このバランスを整えるには、インナーマッスルの意識を高めて、優位に機能する状態を作らなければなりません。

インナーマッスルを優位にするとどうなるのか

これは実際に体感していただくのが一番わかりやすいです。

Before

まじはじめに前屈をして、今の柔軟性や身体の張り感などを確認します。

確認できたら下記のワークをおこないましょう。

お腹のアウターマッスルをゆるめる

  1. へその指4本上に両手の指を当てる。
  2. 息を吐きながら身体を前に倒し、指をみぞおちに押し当ててほぐす。

クロスポイント

クロスポイントとは、インナーマッスルの機能を高めるツボみたいなもの。

体幹のクロスポイントとにある股関節/お尻・みぞおち/背中をおこないます。

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細な刺激方法はLINE@登録者限定動画でご確認ください。

クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

After

では、再度前屈をしてみましょう。

いかがでしょうか?先程より前屈がしやすくなっていると思います。

前屈動作で大事なのは、股関節を曲げるインナーマッスルである大腰筋。ここが機能すると、アウターマッスルの力みが抜けて柔らかく前屈ができるようになります。

ちなみにあまり変化を感じられなかった方は、みぞおちを触り丸めながらおこなってみてください。そうすると大腰筋の意識を高めた状態で前屈ができるので、前屈がやりやすくなります。

まとめ

  • ストレッチとは、ゆっくりと筋肉を伸ばし、抵抗を感じたところで静止させる行為。血行改善および筋肉、心臓、脳への血流の促進によって柔軟性を高め、ストレスを軽減させるためのもの。
  • ストレッチの効果を出すには、力まず、力を抜いておこなうこと。
  • インナーマッスルを優位に機能させることができると力を抜くことができる。

最後に

今回は前屈で体感していただきましたが、その他の後屈や回旋、開脚などもクロスポイントを使えばやりやすくなります。

しっかり効果を出すために、ストレッチをやる前はクロスポイントワークを全身満遍なく(時間がない時は先程の2種目のみ)おこなってください。

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10・11月に書籍を3冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch
  3. 書籍第三弾【10秒さすり】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch

YouTube【柴雅仁のセルフケアChannel】

  • ブログの動画バージョン
  • ツイッター動画のまとめ
  • 最新の身体情報
を配信してます。 チャンネル登録よろしくです! →https://www.youtube.com/channel/UCI-RBoFs1GfOMQGof_et9tA

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス