腰方形筋が腰痛を引き起こす

腰骨に付着する腰方形筋

この筋肉が固まるとインナーマッスルの機能を低下させ腰痛を引き起こします。

腰方形筋と腰痛にどのような関係があるのか。解説していきましょう。

腰方形筋の基礎解剖学

起始停止

起始停止とは筋肉が付着している場所のことを言います。

腰方形筋で言えば、起始は腸骨、停止は第1〜4腰椎と第12肋骨に付着しています。

主な働き

主な働きは背骨の屈曲と第12肋骨の下制、骨盤の挙上です。

程よい緊張感で腰方形筋が機能すれば、腰周りを安定させるため、腰痛の予防になります。

ですが、姿勢や動かし方の癖など、何かしらが影響して腰方形筋が固まると、2つの理由から腰痛に繋がる恐れがあります。

腰方形筋が固まると腰痛に繋がる

理由①:神経支配の繋がり

腰方形筋の神経支配は腰椎1〜3番になります。ここは腸腰筋も支配している神経領域です。

腰方形筋が緊張して固まると、腰方形筋の神経も興奮して、それが脊髄に伝わります。

するとその興奮は同じ神経領域の筋肉にも伝わるため、腰方形筋の緊張は神経を介して腸腰筋にも伝わり、腸腰筋も緊張して固まってしまいます。

腸腰筋は腰椎と腸骨から大腿骨の内側に付着しているため、腸腰筋が固まると腰椎を前に引っ張ってしまい、その結果腰を反って腰に負担をかけてしまいます。

理由②:骨盤底筋群との関係

腰方形筋は腸骨の上部に付着しているため、腸骨の動きに関わってきます。

腰方形筋が緊張して固まると、腸骨は挙上・外転するため、腸骨下部は開くようにストレスが加わります。

すると、それに合わせて腸骨の下にある坐骨が外に開くため、骨盤底筋群が伸長され、適正な緊張が保持できなくなります。

骨盤底筋群は体幹のインナーマッスルの一部で、「神経支配の繋がり」でもご紹介した腸腰筋や、腹横筋・横隔膜・多裂筋などのその他の体幹のインナーマッスルと繋がりがあります。

そのため、骨盤底筋群の機能が低下すると、その他の体幹のインナーマッスルの機能も低下し、腰周りが不安定になります。

腰方形筋をゆるめるワーク

機能低下している腸腰筋や骨盤底筋群など体幹のインナーマッスルの機能を取り戻すことで、腰方形筋をゆるめることができます。

以下でご紹介するワークで、体幹のインナーマッスルの機能を取り戻しましょう!

クロスポイント

「クロスポイント」にある股関節/お尻・みぞおち/背中・頭と骨盤底筋をおこないます。

  • 股関節/お尻のクロスポイントで骨盤底筋群と腸腰筋を機能させます。
  • みぞおち/背中のクロスポイントで腸腰筋と横隔膜を機能させます。
  • 頭と骨盤底筋のクロスポイントで骨盤底筋群・腹横筋・横隔膜を機能させます。

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細な刺激方法はLINE@登録者限定動画でご確認ください。

クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

オープンロータス

この種目で体幹のインナーマッスル全てを繋げて機能させます。

  1. 足を肩幅に開き、膝の力を抜き、つま先をハの字に開く。
  2. 仙骨を地面に対して垂直に立て、みぞおちをゆるめたまま股関節に乗り、胸の前で合掌する。(インナーマッスル優位の姿勢)
  3. そのまま仙骨を地面に突き刺すようにしゃがむ。慣れてきたらこれを脱力しておこなう。(骨盤底筋群が緩む)
  4. 股関節を使い、坐骨間を閉めるイメージで立ち上がる。(骨盤底筋群に力を入れる)
しゃがむ時と立つ時はお尻が後ろに出ないように注意しましょう。

まとめ

  • 腰方形筋と腸腰筋は神経を介して繋がりがあるため、腰方形筋が固まると腸腰筋も固まる。
  • 腰方形筋が固まると坐骨が開き、骨盤底筋群が伸長するため、程よい緊張感を保持できなくなる。
  • 腸腰筋や骨盤底筋群の機能を取り戻すことで、腰方形筋が緩んで、腰痛の緩和に繋がる。

最後に

腰方形筋が固くて腰痛になっている方は意外と多いです。

腰痛がなかなか改善されない方は、ぜひご紹介したワークを試してみてください。

柴が提供する4つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術・運動指導(60分7700円)】の詳細はこちら
  2. 累計販売数3000部突破!【ブログに書けない身体調整の全て】(1記事500円-1500円)
  3. 購読者数200名突破!理想のカラダを手に入れたいあなたに!【週刊PPT−パーフェクトパーソナルトレーニング−】(月額500円)
  4. 不定期開催!【痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン】(4400円)

10月に書籍を2冊出版!

  1. 書籍第一弾【10秒ゆるみストレッチ】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/10-seconds-loose-stretch
  2. 書籍第二弾【最強のストレッチ図鑑】の詳細はこちら→https://selfcare-lab.com/strongest-stretch

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. docomoへ送信ができないケースが多発しているため、docomo以外のアドレス登録をお願いします。(Gmailが比較的安定してます)
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス