なぜ箱根駅伝トップランナーほど背骨がしなるのか?

歩く・走る

柴です。

まさかの2日連続走るネタです。

いつも、その場で思いついた事書くんですが、今回は多分箱根駅伝を見たから、2日連続で走るネタになっちゃったんだと思います。

でも懲りずに読んでくださいね。笑

では本題に、、、

去年と今年はテレビで。一昨年は実際に箱根駅伝を見に行きました。

まぁそこで毎回見てて思うのは、トップランナーほど、背骨が上手くしなってるなーという事です。

トップランナーほど、背骨がしなってる

箱根駅伝に限らず、社会人でも日本代表でも、トップランナーは共通して背骨が上手くしなってます。

それは、背骨がしなると重心が前に移動しやすくなり、効率の良い走りができるからなんです。

以下の画像で表しましたが、重心が前に移動すると、それを上手く推進力に変えることができるんですねー。

そのため、より速く!より長く!走るには背骨のしなりがとても重要になるというわけです。

ですが、だからといって見かけを真似ようと、背骨を反りながら走ると完全に失敗します。

何故なら、ただ背骨を反るだけだと、腰や背中に力が入ってしまうからです。

見かけを真似すると逆に遅くなる

ただ普通に背骨を反ろうとすると、腰から首にかけて付着する脊柱起立筋が緊張して固まります。すると、腰や背中が痛くなってしまうんです。

そして更に脊柱起立筋は、肩の僧帽筋とも繋がっているため、脊柱起立筋が固まると僧帽筋も一緒に固まります。

すると肩も痛くなりますし、僧帽筋は肩をすくめる筋肉のため、走ってる最中に肩がすくんでしまうと、呼吸が苦しくなってしまうのです。

このように、見かけだけを真似しようとすると、ケガをしやすくなり、逆に走るのが遅くなってしまいます。

ではどのようにして、効率の良い走りができる、背骨のしなりを手に入れる事ができるのか?

そのポイントとなるのは、みぞおち・股関節・脇です。

効率の良い走りができる背骨

背骨のしなりを作るポイントを話す前に、インナーマッスルの特徴を確認しておいてください。

これを理解している前提で話を進めていきます。

〈インナーマッスルの特徴〉

  • 身体の中にある筋肉
  • 関節を安定させる
  • 関節をスムーズに動かす
  • 素早い動きが可能
  • 持久力がある
  • アウターマッスルの無駄な力みを取り除く

確認できましたか?

では、先程のポイントについて、、、

背骨をしならせるには、背骨の柔軟性と同時に、みぞおちの力を抜き、股関節と脇を使う。

これが必要になります。一体どういうことなのか、1つずつ説明していきますね。

まずみぞおちの力を抜くことができると、インナーマッスルを働きやすい状況にすることができます。

その働きやすくなるインナーマッスルは複数ありますが、その中でも特に大事なのが多裂筋。次に大事なのが大腰筋腹横筋です。

多裂筋は背骨のインナーマッスルで、ここが働きながら走ることができれば、背骨をしならせることもできますし、
アウターマッスルの脊柱起立筋の無駄な力みを取ることもできるので、腰や背中、肩の負担が軽減し、効率の良い走りができるようになります。

そしてそこから更に股関節と脇を使えると、より多裂筋が働きやすくなるのです。

何故なら、まず股関節が使えると、大腰筋の働きが高まります。
そして、脇の前鋸筋が使えると、そこから脇腹の筋肉を介して腹横筋の働きが高まります。

この2つは多裂筋と繋がりがあるため、働きが高まると、多裂筋の働きを更に高めることができるのです。

効率の良い走りができる背骨を手に入れる

効率の良い走りができる背骨を手に入れるために、以下のワークをおこなっていきましょう!

みぞおちを手でほぐす

まずはみぞおちをほぐして、インナーマッスルが働きやすい状況を作っていきます

  1. へそから指4本上のみぞおちを触る
  2. 息を吸って、吐きながら身体を前に倒して、みぞおちをほぐす。

ただし、このほぐしは人によっては痛みが生じることがあるので、あまりにも痛い場合は、次の呼吸でほぐす方法をおこなってください。

みぞおちを呼吸でほぐす

  1. 手の平と甲をゆっくりなでて、両手共温める。
  2. その手でみぞおちを触る。
  3. 舌を上顎のあてた舌路(ぜつろ)の状態を作ったら、そのまま鼻呼吸でみぞおちを膨らます。
  4. 鼻で息を吐き、みぞおちを元の状態に戻す。
  5. これを10回繰り返す。

詳細なやり方はLINE@登録者限定動画】をご確認ください↓

【LINE@限定動画】みぞおちをほぐすワーク

2018.09.27

クロスポイント

クロスポイントとは、インナーマッスルの働きを高めるツボみたいなもの。

みぞおち/背中、股関節/お尻、脇のクロスポイントワークで、大腰筋と前鋸筋からの腹横筋の働きを高めていきましょう。↓

クロスポイント〝セルフケアの基礎〟

2018.02.24
詳細な刺激方法は【LINE@登録者限定動画】でご確認ください↓

【LINE@登録者限定動画】クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

3種のブリッジ

クロスポイントで刺激した部位を意識しながらブリッジをして、多裂筋の機能を高めていきます。
レベルを3つに分けているので、柔軟性に合うやり方でおこなってください。

難易度:弱

  1. みぞおちの反対側の背骨にクッションや枕などを当てて、膝を立てて寝転がる。
  2. 両手を胸の前に伸ばし、息を吸ってバンザイ。吐いて元に戻す。
  3. これを10回繰り返す。

難易度:中

  1. 壁を背にして立つ。
  2. みぞおちの反対側を反って、両手を壁につける。
  3. そのまま深呼吸を10回おこなう。

難易度:強

  1. 膝を立てて足は肩幅、両手は頭の横につけて寝転がる。
  2. 足と腕を使い、背骨を反ってブリッジをする。
  3. その状態で深呼吸を10回おこなう。

詳細はLINE@登録者限定動画をご確認ください↓

【LINE@限定動画】体幹の機能を高めるワーク

2018.06.22

まとめ

長距離以外でも、走る動作が入ってるスポーツをやってる人には、とても有効なワークなので、

少し量が多いですが、頑張ってやってみてください!

【本日の記事のまとめ】

  • トップランナーほど、背骨をしならせて走っている。
  • 見かけだけ真似して背骨を反ると、腰や背中、肩を痛める。
  • 効率の良い走りができる背骨を手に入れるには、背骨の柔軟性と同時に、みぞおちの力を抜き、股関節と脇を使えるようになる必要がある。
  • これらができると、背骨のインナーマッスルである多裂筋が優位に働く。

走りに特化した記事

2019月1月31日。ケガなく、より速く、より効率よく走れるようになりたい方のために、走りに関しての記事を一つにまとめました。

ここに書いてある内容で走り方が変わった人は多くいて、その中の一人が、以前SNSにあげたサッカー少年。

こんな感じでフォームが変わるので、ご興味ある方は是非読んでみてください!

ケガなく走り続けられる身体を作る方法

お知らせ

公式LINE@

4月から【質問箱 兼 個別連絡用】に移行します!詳細はこちらからご確認ください →https://selfcare-lab.com/e-mail-magazine2

公式メルマガ

4月からこちらから情報発信をしていきます。先行登録はこちらから。

解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス