スポーツパフォーマンスを下げる要因はみぞおちにある!

体幹

柴です。

12/23〜12/25までおこなっていた、クリスマス企画の動画解析や画像診断では、多くの方から質問をいただきました(^^)

View this post on Instagram

【クリスマス特別企画!あなたの相談のっちゃいます!】  タイトル通り、クリスマスという事で、LINE@登録者限定で、  今日から3日間!25日(火)の19時まで、お身体相談を無料でなんでも受け付けます(^^)    何でもというのは、 普段からおこなってる  ・関節痛 ・姿勢 ・動き  に関する質問はもちろんのこと、 今回は、普段受け付けていない、  ・姿勢の画像 ・ワークをやってる時の動画 ・スポーツをやってる時のフォーム(ランニング、サッカー、野球など)の動画  などを送っていただければ、それに対してワンポイントアドバイスをさせていただきます。  これは普段おこなっていない、クリスマス限定のものです!    例えば、  「いつもやってるワークのやり方が、あってるかどうかを確認してほしい!」  と思ったら、そのやってる時の動画を撮って、送ってください。 そしたら、それに対して、修正する箇所をお伝えします。  こんな感じで、アドバイスをさせていただきますので、  「質問したーーーい!」  という方は、ブログからLINE@に登録後、LINEにメッセージを送ってください。  それでは、今日から3日間! 受付スタートです!    《LINE@登録手順》 ⑴ブログにアクセスし、記事一覧の下に[公式 LINE@]の項目があるので、そこでLINE@に登録する。 ⑵すると友達登録完了メッセージが送られてくるので、そこに相談内容を返信する。  ▼▼ブログアクセスはプロフィール画面から。 @pt_shiba

A post shared by 柴 雅仁@治療家パーソナルトレーナー (@pt_shiba) on

ざっと数えると、質問数は約60、動画は約50、画像は5枚でしたね。

質問内容をあげてくと、

ランニング、陸上、サッカー、野球、テニス、バレー、剣道、格闘技、ダンスの動作解析から、
関節痛や治療についての相談、身体の仕組みについての相談、歪みや姿勢の画像診断

などなど、様々ありました!

そんな数多くの質問をいただいた中で感じたのは、

「結構みぞおち固まってる人多いな!」

ということ。

皆さんへの回答は、それぞれ違いますが、みぞおちを緩めるアドバイスは、色々な人にしたのをよく覚えています。

みぞおちが固くなると、アウターマッスルが固まる

身体をスムーズかつしなやかに。そして、素早く動かすには、インナーマッスルは必要不可欠。

そもそもインナーマッスルって何?【インナーマッスルの特徴と機能を高める方法】

2018.08.20
ですが、ほとんどの方がインナーマッスルの機能が落ちていて、逆のアウターマッスルに力を入れてるため、動きが固くなっています。

その中でも、特に固まりやすく、全身のアウターマッスルに影響を与えるのがみぞおちです。

みぞおちには、割れる腹筋である腹直筋があり、ここが固まることで、全身に悪い影響を与えます。

前側の筋肉と繋がる

腹直筋は首や太ももの前側。スネと繋がりがあります。

ここが固まると首や股関節、膝や足首を痛めやすくなりますし、猫背にもなります。

そして、走る時は太ももの前側の大腿四頭筋は、ブレーキをかけるためパフォーマンスを下げますし、
更に、大腿四頭筋が固まると、裏もものハムストリングスとのバランスが崩れ、下肢が不安定になります。

螺旋状に繋がる

腹直筋は脇腹の筋肉と繋がり、脇腹の筋肉から下肢の外側、足裏通って身体の背面のライン。
脇腹から脇の下を通り、肩甲骨を介して、背中や首の筋肉と繋がっています。

ここが固まると、まず太ももの外側の腸脛靭帯が固まり、ここが影響して、膝を痛めやすくなります。
そして、足裏も通るため、固まると足首にも影響を与えます。
更に背面や、肩甲骨、首とも繋がりがあるため、腰や肩首も痛めやすくなります。

動き的には、腸脛靭帯が固まると、膝が内側に入るため、下肢の安定性が失われますし、方向転換も上手くできなくなります。

そして肩首に影響を与えるため、肩甲骨の動きが悪くなり、特に上肢を使う野球やテニス、バレーなんかのパフォーマンスに影響を与えます。

みぞおちを緩める

簡単にまとめるとこんな感じです。

もちろん、まだ他にも繋がりがあり、色々な悪い影響を与えるので、みぞおちはなるべく柔らかくしておく必要があります。

柔らかくする方法は、1つは腹直筋を緩めること。もう1つは、みぞおちの奥にあるインナーマッスルを機能させることです。

みぞおちの奥にあるインナーマッスルとは横隔膜大腰筋で、腹直筋を緩めた後に、これらを機能させることで、腹直筋が固まりづらくなります。

では、この流れで以下のワークをおこなっていきましょう!

みぞおちをほぐす①

みぞおち(腹直筋)をほぐす方法は2つあります。

1つ目は直接ほぐす方法です。

  1. へそから指4本上のみぞおちを触る
  2. 息を吸って、吐きながら身体を前に倒して、みぞおちをほぐす。

ただ、この種目は、人によって痛みを伴うので、もしほぐすのが辛ければ、2つ目の方法を実践していきましょう。

みぞおちをほぐす②

  1. 手の平と甲をゆっくりなでて、両手共温める。
  2. その手でみぞおちを触る。
  3. 舌を上顎のあてた舌路(ぜつろ)の状態を作ったら、そのまま鼻呼吸でみぞおちを膨らます。
  4. 鼻で息を吐き、みぞおちを元の状態に戻す。
  5. これを10回繰り返す。

詳細なやり方はLINE@登録者限定動画でご確認ください。

みぞおちをほぐすワーク

2018.09.27

みぞおち/背中のクロスポイント

クロスポイントとは、インナーマッスルの機能を高めるツボみたいなもの。

みぞおち/背中のクロスポイントワークで、背骨を触り動かすと、その背骨に付着する横隔膜や大腰筋の機能が高まります。

  1. へそから指4本上のみぞおちと、反対側の背骨を触る。
  2. その背骨を、丸めたり起こしたり・横に倒したり・捻ったりして、各3〜5回動かす。

股関節/お尻のクロスポイント

このワークで、大腰筋の機能を高めていきます。

  1. 足を腰幅に開き、つま先を前に向ける。
  2. 股関節(恥骨の横)を触り、膝を軽く緩め、股関節を曲げていく。
  3. きちんと曲がっていると、ハムストリングスのお尻よりの部分が伸びるので、それを感じ取る。
  4. お尻のほっぺと裏ももの境目(坐骨)を触り、そこから身体を起こす。
  5. これを10回繰り返す。

2つのクロスポイントワークの詳細なやり方は、【LINE@登録者限定動画】で説明しているので、もしよければ、そちらもご確認ください↓

クロスポイントの詳細な刺激方法

2018.05.11

まとめ

みぞおちはとても固まりやすいため、普段から、どれくらい力が抜けてるかどうかで、スポーツのパフォーマンスは変わってきます。

スポーツの時だけ抜こうとしても、普段からそれができてなければ、スポーツの時には抜くことはできないため、日常でどれくらい訓練して、抜くことができるか。

ここが勝負の分かれ目になります。

スポーツパフォーマンスを上げたい方は、しっかりと訓練してくださいねー!

【本日の記事のまとめ】

  • みぞおちが固まると身体の前側が固まり、首・股関節・膝・足首に影響を与える。
  • みぞおちが固まると身体が螺旋状に固まり、前側の場所以外に、腰・背中・肩に影響を与える。
  • みぞおちを緩めた後、インナーマッスルを機能させると、みぞおちが固まりづらくなる。

柴が提供する3つのサービス

  1. 年間1500セッション実施!横浜鶴見・蒲田でおこなっている【施術と運動指導】の詳細はこちら
  2. 累計販売数1500部突破!有料記事【ブログに書けない身体調整の全て】
  3. 不定期開催!痛みのない動ける身体を作るセルフケアレッスン

公式メルマガ

登録者数4000人を超えた柴メルマガでは、SNSやブログには書いてない、より濃い情報を発信しています。

  1. アドレスに打ち間違えがないか、再度確認をお願いします。
  2. ドコモへ送信ができないケースが多発しているため、ドコモ以外のアドレス登録をお願いします。
  3. 迷惑メール対策・メールが届かない対策として、お手数ですがメールの振り分け設定をお願いします。

過去のメルマガ

メルマガ登録後に送られてくる挨拶メールにパスワードが書いてあるので、そのパスワードを入力すると閲覧することができます。
解剖学図の引用元
VISIBLE BODY ヒューマン・アナトミー・アトラス